スポンサーリンク

今村翔吾|時代小説ガイド

[い] 今村翔吾|いまむらしょうご|時代小説・作家

1984年京都府生まれ。ダンスインストラクター、作曲家、埋蔵文化財調査員を経て、作家に。
2016年、「蹴れ、彦五郎」で第19回伊豆文学賞最優秀賞受賞。
2016年、「狐の城」で第23回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞受賞。
2018年、『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』で第7回歴史時代作家クラブ賞・文庫書き下ろし新人賞受賞。
2019年、『童の神』で第160回直木賞候補。
2020年、『八本目の槍』で第41回吉川英治文学新人賞、第8回野村胡堂文学賞を受賞。『じんかん』で第11回山田風太郎賞受賞、第163回直木賞候補。
2021年、『塞王の楯』で第166回直木賞受賞。「羽州ぼろ鳶組」シリーズで第6回吉川英治文庫賞受賞。

■時代小説SHOW 投稿記事

くらまし屋を追撃する暗黒街の凄腕たち。惣一郎にも好敵手が
『風待ちの四傑 くらまし屋稼業 8』|今村翔吾|時代小説文庫 今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『風待ちの四傑 くらまし屋稼業 8』を紹介します。 本書は、飴細工屋を表稼業をもつ堤平九郎らが、依頼人のために命を賭けて、この世から...
童の希望、桜暁丸は大江山の首領となり、酒吞童子と恐れらる
『童の神(5)|今村翔吾原作・深谷陽漫画|双葉社 今村翔吾さんの小説『童の神』を原作とする、歴史時代漫画の単行本『童の神(5)』をご恵贈いただきました。 原作となった『童の神』は、平安時代を舞台に、異民族として京人に虐げられ、朝廷に...
「2022年7月の新刊(単行本)」をアップ
『蹴れ、彦五郎』|今村翔吾|祥伝社 2022年7月1日から7月末日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2022年7月7月の新刊(単行本)」を掲載しました。 今月は、祥伝社から刊行される、今村翔吾さ...
ぼろ鳶組だけじゃない、男伊達を競う熱き火消ヒーローの物語
『恋大蛇 羽州ぼろ鳶組 幕間』 今村翔吾さんの大人気時代小説シリーズの番外編、『恋大蛇 羽州ぼろ鳶組 幕間』(祥伝社文庫)を紹介します。 2021年、第6回吉川英治文庫賞を受賞した「羽州ぼろ鳶組」シリーズ。 本書は「幕間」とタイト...
「2022年4月下旬の新刊(文庫)」をアップ
『八本目の槍』|今村翔吾|新潮文庫 2022年4月21日から4月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2022年4月下旬の新刊(文庫)」を掲載しました 今回は、今村翔吾さんの、長編歴史時代小説、『八本目の槍』(新潮...
明治の東海道を舞台に、命と金を懸けた、バトルロイヤル開幕
『イクサガミ 天』|今村翔吾|講談社文庫 今村翔吾のノンフィクション小説、『イクサガミ 天』(講談社文庫)を紹介します。 2022年1月の直木賞受賞後の著者の活躍をSNSで目にすることが多く、驚嘆を覚えます。 インタビューなど各種...
お主は全ての童の希みだ。粛慎、畝火、滝夜叉をつなぐ童の神
『童の神(4)|今村翔吾原作・深谷陽漫画|双葉社 今村翔吾さんの小説『童の神』を原作とする、歴史時代漫画の単行本『童の神(4)』をご恵贈いただきました。 原作となった『童の神』は、平安時代を舞台に、異民族として京人に虐げられ、朝廷に...
第166回直木賞は、今村翔吾さんと米澤穂信さんのダブル受賞
1月19日(水)、第166回直木三十五賞(公益財団法人日本文学振興会主催)の選考会が開催され、今村翔吾さんの『塞王の楯(さいおうのたて)』(集英社)と米澤穂信さんの『黒牢城(こくろうじょう)』(KADOKAWA)が受賞作に決まりました! ...
今村翔吾さん、米澤穂信さんらの5作が第166回直木賞候補に
12月17日(金)、第166回直木三十五賞(公益財団法人日本文学振興会主催)の候補作品5作品が発表されました。 歴史時代小説では、今村翔吾さんの『塞王の楯(さいおうのたて)』(集英社)と米澤穂信さんの『黒牢城(こくろうじょう)』(KA...
関ヶ原前夜、大津城で。最強の「楯」と至高の「矛」が対決
『塞王の楯』|今村翔吾|集英社 今村翔吾さんの長編歴史小説、『塞王の楯』(集英社)を紹介します。 本書を手にしたとき、学生時代に漢文の授業で習った、「矛盾(むじゅん)」の言葉の由来となった話を思い出しました。 中国の戦国時代、...
「2021年10月の新刊(単行本)」をアップ
『塞王の楯』|今村翔吾|集英社 2021年10月1日から10月末日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2021年10月の新刊(単行本)」を掲載しました。 今月は、集英社から刊行される、今村翔吾さん...
盗みで民を救えると信じた袴垂と、戦のない世を目指す桜暁丸
『童の神(3)|今村翔吾原作・深谷陽漫画|双葉社 今村翔吾さんの小説『童の神』を原作とする、歴史時代漫画の単行本『童の神(3)』をご恵贈いただきました。 原作となった『童の神』は、平安時代を舞台に、朝廷にまつろわぬ「童(わらべ)」と...
今村翔吾さん原作『童の神』コミック化で、あの興奮が再び!
今村翔吾さんの小説『童の神』を原作とする、歴史時代漫画の単行本『童の神』1、2巻が同時発売になり、ご恵贈いただきました。 普段はあまり漫画を読まないのですが、今村さんの歴史時代小説が原作ということで興味が俄然湧いて、1、2巻を一気読みをし...
希代の女形瀬川菊之丞を晦ませ! 赤也の過去に渦巻く陰謀
『立つ鳥の舞 くらまし屋稼業』|今村翔吾|時代小説文庫 今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『立つ鳥の舞 くらまし屋稼業』(時代小説文庫)を入手しました。 本書は、七箇条の掟を守れば、どんな人でも、何時でも、如何なる場所からでも、...
「2021年2月上旬の新刊(文庫)」をアップ
『立つ鳥の舞 くらまし屋稼業』|今村翔吾|時代小説文庫 2021年2月1日から2月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2021年2月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました。 今回は、今村翔吾さんの人気時代小説シリーズ...
巨悪が操る怪火に、火消たちは仲間、友、誰かを信じて闘う
『襲大鳳(下) 羽州ぼろ鳶組』 今村翔吾さんの大人気時代小説シリーズの第10弾、『襲大鳳(下) 羽州ぼろ鳶組』(祥伝社文庫)を入手しました。 『襲大鳳(上) 羽州ぼろ鳶組』から1カ月半、待望の下巻。 尾張藩中屋敷の火事場で、元尾張...
第11回山田風太郎賞は、今村翔吾さんの『じんかん』に決定
2020年10月16日、第11回山田風太郎賞(公益財団法人角川文化振興財団主催)が決定し、今村翔吾さんの『じんかん』(講談社・2020年5月刊)が受賞作に決定しました。 受賞、おめでとうございます! 受賞作のほかには、河...
伝説の火消を失った大火から十八年。炎の中から現れた男は?
『襲大鳳(上) 羽州ぼろ鳶組』 今村翔吾さんの大人気時代小説シリーズの第10弾、『襲大鳳(上) 羽州ぼろ鳶組』(祥伝社文庫)を入手しました。 「羽州ぼろ鳶組」シリーズを手に取ると、毎回、表紙装画にドキドキさせられます。 北村さゆり...
「2020年8月下旬の新刊(文庫)」をアップ
『襲大鳳(上) 羽州ぼろ鳶組』|祥伝社文庫 2020年8月21日から8月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年8月下旬の新刊(文庫)」を掲載しました。 今回は、今村翔吾さんの『襲大鳳(上) 羽州ぼろ鳶組』...
滝夜叉、酒吞童子、坂田金時、晴明。オールスター平安絵巻
『童の神』 今村翔吾さんの長編時代小説、『童の神』(ハルキ文庫・時代小説文庫)を入手しました。 デビューから3年で、早くも著作累計100万部突破という、飛ぶ鳥を落とす勢いの著者。第10回角川春樹小説賞を受賞し、第160回直木賞の候補...
乱世の梟雄、松永久秀のイメージを一変させる歴史エンタメ
『じんかん』 今村翔吾さんの長編時代小説、『じんかん』(講談社)を紹介します。 戦国武将の松永弾正久秀は、仕えた三好家を滅ぼし、天下の将軍足利義輝を暗殺し、東大寺の大仏殿を焼き尽くしたことから、織田信長をして、「この男、人がなせぬ大...
戦国一の極悪人・松永久秀は時代が求めたヒーローなのか
『じんかん』 今村翔吾さんの長編時代小説、『じんかん』(講談社)を入手しました。 本書の主人公は、松永久秀。松永弾正の名でも知られています。 仕えた主人を殺し、天下の将軍を暗殺し、東大寺の大仏殿を焼き尽くしたことから、織田信長...
「くらまし屋」の掟と「炙り屋」の矜持がぶつかるとき
『花唄の頃へ くらまし屋稼業 6』|今村翔吾 今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『花唄の頃へ くらまし屋稼業 6』を紹介します。 本書は、飴細工屋を表稼業をもつ堤平九郎らが、依頼人のために命を賭けて、この世から晦(くら)ませる裏...
暗黒街最強の暗殺者vs.くらまし屋、壮絶な闘いが始まる
今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『花唄の頃へ くらまし屋稼業 6』を入手しました。 飴細工屋を表稼業とする堤平九郎らが、依頼人のために命を賭けて、この世から晦(くら)ませる裏稼業「くらまし屋」の活躍を描いた、人気シリーズ第6弾で...
賤ケ岳の七本槍が知る、八本目の槍、石田三成の本当の姿
『八本目の槍』|今村翔吾・著 今村翔吾さんの長編小説、『八本目の槍』(新潮社)を紹介します。 本書は、「賤ケ岳の七本槍(しずがたけのしちほんやり)」と呼ばれた、羽柴秀吉と柴田勝家の戦いで、戦功が著しい秀吉子飼いの家臣たちを描いた戦国...
「2019年11月の新刊 上」をアップ
2019年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2019年11月の新刊 上」を掲載しました。 今回は、祥伝社文庫から刊行される、今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説『黄金雛 羽州ぼろ鳶組 零』を紹...
「一日だけ儂を晦まして欲しい」依頼人は老中松平武元
今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『冬晴れの花嫁 くらまし屋稼業』(時代小説文庫)を入手しました。本書は、金さえ積めば、この世の今の暮らしからくらましたい人を助ける、「くらまし屋稼業」シリーズ第5弾です。毎回、奇想天外な方法で依頼人...
ぼろ鳶組と京大坂の町火消が、火炎旋風“緋鼬”に立ち向かう
今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『双風神(ふたつふうじん) 羽州ぼろ鳶組』(祥伝社文庫)を紹介します。本書は、新庄藩火消頭取・松永源吾と配下のぼろ鳶組など江戸火消たちが果敢に大火に立ち向かう、痛快エンターテインメント時代小説シリー...
大切なひとを守るため、「くらまし屋」の掟を破る者は容赦せぬ
今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『秋暮の五人(あきぐれのごにん) くらまし屋稼業』(ハルキ文庫)を入手しました。本書は、いかなる者でも金子を払えば、今の暮らしから失踪させてくる「くらまし屋」の痛快で奇想天外な仕事ぶりを描くシリーズ...
麒麟児・鳥越新之助が火付け殺人の下手人に。ぼろ鳶組最大の危機
今村翔吾さんの、『羽州ぼろ鳶組 玉麒麟(ぎょくきりん)』(祥伝社文庫)を入手しました。松永源吾率いる、新庄藩の火消、通称・羽州ぼろ鳶組の面々が活躍する、大人気時代小説シリーズの第8巻です。北村さゆりさんによるカバーの装画に描かれ、今...
くらまし屋は、余命僅かな元・採薬使の想いを叶えられるか
今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『夏の戻り船 くらまし屋稼業』(ハルキ文庫)を入手しました。本書は、依頼人が金を払えばどんな困難なシチュエーションからでも必ず逃がしてくれる「くらまし屋」の痛快無比な活躍を描く人気時代エンターテイン...
第160回直木賞候補に、『童の神』、『信長の原理』
12月17日(月)、第160回直木三十五賞(日本文学振興会主催)の候補作品5作品が決定しました。時代小説では、今村翔吾さんの『童(わらべ)の神』(角川春樹事務所)と、垣根涼介さんの『信長の原理』(KADOKAWA)の2作品が候補に入りました...
明和大火の下手人は生きているのか? “狐火”の悪夢、再び
今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『狐花火(きつねはなび) 羽州ぼろ鳶組』(祥伝社文庫)を入手しました。待ちかねていた「羽州ぼろ鳶組」の第七弾。第1弾の『火喰鳥』で登場した元花火師の秀助を想起させる、火付けが再び起きます。しかも...

『春はまだか くらまし屋稼業』|少女お春の切なる願いを叶えるため、くらまし屋参上! 2018年9月16日
『夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組』|業火の中で花魁と交わした約束を守るため火消は…。 2018年8月30日
『くらまし屋稼業』|あの世に晦め――「くらまし屋」の登場 2018年8月5日
「2018年7月の新刊 中」をアップ|『くらまし屋稼業』 2018年7月10日
「菩薩」と崇められる火消の光と影を描く|『菩薩花 羽州ぼろ鳶組』 2018年6月24日
京は燃えているか? 長谷川平蔵父子が火付殺人犯を追う|『鬼煙管 羽州ぼろ鳶組』 2018年3月17日
2017年の文庫書き下ろし時代小説ベスト10を発表|「羽州ぼろ鳶組」シリーズ 2018年1月8日
「2017年11月の新刊 中」をアップ|『九紋龍 羽州ぼろ鳶組』 2017年11月11日

■著者のホームページ
今村翔吾@zusyu_kki| Twitter

時代小説作家リストへ戻る