2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

最新投稿記事

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク
故郷筑前の裏社会を、閻羅遮と呼ばれる用心棒が斬る
十一年間眠っていた武田信玄が関ヶ原前に覚醒、家康と対決
「時代小説●2024年4月中旬の新刊情報(文庫)」をアップ
ノマド調査官、日本の原風景・伊根で殺人事件の真相に迫る
千野隆司さんの『めおと旅籠繁盛記』の文庫解説を執筆
鳥をめぐる謎を解き、人の心をほぐす、ハートフルミステリー
「2024年4月の新刊(単行本)」をアップ
「小説現代」2024年4月号に『無間の鐘』の書評を掲載
「2024年4月上旬の新刊(文庫)」をアップ
東京新聞で、千葉ともこさんの『火輪の翼』を紹介
江戸の人びとをトリコにする、「パン屋」開店奮闘記
猫神が人々の願いを叶える、ユーモア連作短編で楽しむ名古屋
朝ドラ「虎に翼」の主人公のモデル、女性初の裁判官三淵嘉子
『日本奥地紀行』の女性作家による、日英文明衝突と冒険の旅
中国史最大の戦乱、安史の乱を終わらせようとした勇者たち
「2024年3月下旬の新刊(文庫)」をアップ
白虎隊の生き残りがインディアンとともに戦う、西部劇小説
千葉ともこ先生講演会「中華エンターテインメントの魅力」
『ごんげん長屋』に空き部屋が二つ。次に入る住人は?
闇バイト強盗を想起させる事件に、正紀の怒りの鉄槌が下る