2025年大河ドラマ「べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~」で注目。蔦屋重三郎が登場する時代小説は?

最新投稿記事

「2023年12月上旬の新刊(文庫)」をアップ
戦国・江戸の奇人変人、ポンコツたち、愛すべき8人を収録
東京新聞で、あさのあつこさんの『野火、奔る』を紹介
いじめに遭った少女お葉は、命の尊さを知り、患者に向き合う
【報告】第6回細谷正充賞授賞式、会場内はアットホーム
最強兵器の土下座を禁止された「どげざ駿河」。どうする?
第6回「書評家・細谷正充賞」受賞作品紹介と細谷邸探訪記
「2023年11月下旬の新刊(文庫)」をアップ
『文蔵2023.12』特集は、作家・今村翔吾の軌跡
大狼との闘い、父の死と藩の不正、時代小説の面白さが凝縮
『後宮小説』『陋巷に在り』の作家酒見賢一さん死去、59歳
芝居にすべてを捧げる、裏方と役者たちの江戸の青春群像小説
男衆に殴る蹴るされて、理不尽に入牢させられた女の願いとは
荷を乗せた船が消え、おちやは連れ戻され…。遠野屋に危難が
「2023年11月中旬の新刊(文庫)」をアップ
おイネ、十二歳。高野長英と父シーボルトの思い出を探して
銘菓の隠し味の秘密と、新任の北町奉行の正体を暴け
絵師見習い少女の愛と成長を描く、角川春樹小説賞受賞後第1作
「2023年11月の新刊(単行本)」をアップ
「2023年11月上旬の新刊(文庫)」をアップ