「2019年11月の新刊 上」をアップ

黄金雛 羽州ぼろ鳶組 零2019年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2019年11月の新刊 上」を掲載しました。

今回は、祥伝社文庫から刊行される、今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説『黄金雛 羽州ぼろ鳶組 零』を紹介します。

火消頭の松永源吾が率いる出羽新庄藩の火消組は、命を懸けて江戸の町を襲う大火と闘います。人々は彼らを親しみと畏敬を込めて「ぼろ鳶組」と呼んでいました。

毒を吐く戦慄の炎が発生。熟練の火消しすら生還叶わぬ毒煙に、若輩は出動を禁じられる。だが16歳の新人火消松永源吾は、加賀鳶の御曹司、最年少の火消頭、町火消の新星等くせ者揃いの面々とともに命を救うため立ち上がる!
(【「TRC MARC」の商品解説】より)

手に汗握るサスペンスと愛する者たちのために危険を顧みず立ち上がる男たちの颯爽とした姿、火消集団同士の熱い絆。読む者を捉えて離さない原点がここにあります。

江戸火消の黄金世代と呼ばれ、後に各火消組の頭を務め番付の上位を席巻するようになる、松永源吾と同世代の火消頭たちが登場し、その新人(雛)時代の活躍が描かれます。

人気シリーズのエピソード1といったところか。ファンには何とも楽しみな物語です。

→2019年11月の新刊 上

■Amazon.co.jp
『黄金雛 羽州ぼろ鳶組 零』(今村翔吾・祥伝社文庫)

今村翔吾|時代小説ガイド
今村翔吾|いまむらしょうご|時代小説・作家 1984年京都府生まれ。ダンスインストラクター、作曲家、埋蔵文化財調査員を経て、作家に。 2016年、「蹴れ、彦五郎」で第19回伊豆文学賞最優秀賞受賞。 2016年、「狐の城」で第23回九...