2019-11

戦国

「2019年12月の新刊 上」をアップ

2019年12月1日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2019年12月の新刊 上」を掲載しました。 今回は、文春文庫から刊行される、高殿円さんの戦国時代小説、『主君 井伊の赤鬼・直政伝』を紹介します。 ...
ミステリー

俵屋宗達と天正遣欧使節団。アートをめぐる歴史冒険

原田マハさんの長編小説、『風神雷神 Juppiter, Aeolus』上・下(PHP研究所)を入手しました。 ハードカバーの単行本の上下巻だったが、『文蔵 2019・12』の特集を読んで、琳派の祖と呼ばれる俵屋宗達の『風神雷神図屏風』...
市井人情

妖怪鳥居耀蔵と若き能楽師が、明治の東京で事件を解決

澤田瞳子(さわだとうこ)さんの時代小説、『名残の花』(新潮社)を入手しました。 徳川幕府の終焉とともに幽閉先から東京に戻った妖怪、鳥居耀蔵が活躍する時代小説です。晩年の鳥居耀蔵を描いた作品としては、風野真知雄さんのデビュー作でもある『...
2019.11.28
女性

夫を支え、家族を守る、勝海舟の妻おたみの奮闘記

植松三十里(うえまつみどり)さんの文庫書き下ろし時代小説、『おたみ海舟 恋仲』(小学館文庫)を紹介します。 本書は、妻のおたみの視点から、勝海舟夫婦の波瀾万丈の生涯を描く、文庫書き下ろしシリーズの第1作。 多くの歴史時代小説とは一味...
市井人情

青年剣客と船宿女将の恋と捕物と御家騒動

青春小説や探偵小説など現代もので活躍されている作家の樋口有介の初の時代小説、『変わり朝顔 船宿たき川捕り物暦』が祥伝社文庫より復刊され、入手しました。 本作は2004年に筑摩書房で単行本『船宿たき川捕物暦』として刊行されたあと、ちくま...
2019.11.25
スポンサーリンク