2019-11-13

女性

何でも三十八文の江戸の百均、看板娘お瑛の細腕繁盛記

梶よう子さんの人情時代小説、『五弁の秋花 みとや・お瑛仕入帖』(新潮文庫)を入手しました。 食べ物以外ならなんでも扱う三十八文均一の店、『みとや』を、お瑛と長太郎の兄妹が切り盛りする、人情繁盛記「みとや・お瑛仕入帖」の第二弾です。 ...
スポンサーリンク