2019-10

市井人情

「2019年11月の新刊 上」をアップ

2019年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2019年11月の新刊 上」を掲載しました。 今回は、祥伝社文庫から刊行される、今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説『黄金雛 羽州ぼろ鳶組 零』を紹...
歴史読み物

2020年度版の歴史手帳は、ビジュアル図録が大充実

日記と歴史百科のいいとこ取りした、吉川弘文館編集部編の『歴史手帳2020年版』を入手しました。 吉川弘文館の「歴史手帳」は、歴史ファンだけでなく、時代小説ファンにも役に立つ手帳で、私もここ3年間ほど愛用してきました。待望の2020年版...
オンデマンド本

「左門捕物帳」と「鷺十郎捕物帳」がオンデマンドで復刊

『犬神家の一族』や『八つ墓村』など名探偵金田一耕助シリーズの、横溝正史さんの捕物小説、『左門捕物帳・鷺十郎捕物帳』をオンデマンド本で入手しました。 先に復刊された『朝顔金太捕物帳』は、古き良き捕物帳のスタイルを取りながらも、随所に後年...
剣豪

襲撃の背後に十河藩。過去の因縁が“迷い熊”を追い詰める

芝村凉也(しばむらりょうや)さんの文庫書き下ろし時代小説、『長屋道場騒動記(五) 迷い熊奔る』(双葉文庫)を入手しました。 江戸・神田弁慶橋界隈で名の売れた菓子舗『惠比壽屋』の裏手に建つ小さな道場。『信抜流指南』の看板を掲げる、間野生...
市井人情

涙あり、爽快感あふれる。浅草・六軒長屋の住人が奔走!

知野みさき(ちのみさき)さんの文庫書き下ろし時代小説、『江戸は浅草2 盗人探し』(講談社文庫)を入手しました。 浅草六軒町の久兵衛長屋、通称「六軒長屋」には六軒の家があり、住人はみな独り身で、元矢師(矢を作る職人)の真一郎、笛師の大介...
2019.10.26
スポンサーリンク