2019-09

新刊情報

「2019年10月の新刊 上」をアップ

2019年10月1日から10月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2019年10月の新刊 上」を掲載しました。 今回は、徳間文庫から刊行される、澤田瞳子(さわだとうこ)さんの短編集『秋萩の散る』を紹介します。 ...
作家

時代小説の名手がアメリカで出会ったもの、考えたこと

山本一力さんのエッセイ集、『旅の作法、人生の極意』(PHP研究所)を入手しました。 山本一力さんの作品の中には、損料屋の主人や博徒の親分など、その言動に一本芯の通った大人の男が登場するものが少なくありません。そのヒントは、さまざまな職...
ブックガイド

「ミステリマガジン」誌の<ハヤカワ時代ミステリ文庫創刊>特集

『ハヤカワ ミステリマガジン 2019年11月号』の特集は、ミステリの早川書房から新たに生まれた時代小説レーベル、<ハヤカワ時代ミステリ文庫創刊> です。 レーベル創刊を記念して、時代小説特集。ミステリファンはもとより、時代小説ファン...
市井人情

学問一筋の用心棒が花街を守る、深川人情シリーズ第4弾

荒崎一海(あらさきかずみ)さんの文庫書き下ろしシリーズの第四弾、『九頭竜覚山 浮世綴(四) 小名木川(おなきかわ)』(講談社文庫)を入手しました。 主人公の九頭竜覚山(くずりゅうかくざん)は、出雲国松江藩十八万六千石松平家の食客のよう...
戦国

青年期から本能寺の変まで、歴史小説で読む、明智光秀の謎

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀を描いた、文庫オリジナルの歴史時代小説アンソロジー、『光秀 歴史小説傑作選』(PHP文芸文庫)を入手しました。 池波正太郎さん、山岡荘八さんから、植松三十里さん、冲方丁(うぶ...
2019.09.26