スポンサーリンク

「2022年11月中旬の新刊(文庫)」をアップ

『玉の輿猫 お江戸けもの医 毛玉堂』|泉ゆたか|講談社文庫

玉の輿猫 お江戸けもの医 毛玉堂2022年11月11日から11月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2022年11月中旬の新刊(文庫)」を掲載しました

今回は、講談社文庫の新刊に注目。泉ゆたかさんの動物時代小説、『玉の輿猫 お江戸けもの医 毛玉堂』を取り上げてみました。

前作の『お江戸けもの医 毛玉堂』は、最初に単行本で刊行されて、その後、文庫化されましたが、本書は最初から文庫書き下ろしで登場します。

谷中感応寺の境内に居を構える「毛玉堂」。
動物好きでしっかりもののお美津と、腕は確かだが不愛想な医師・凌雲が営む、動物専門の療養所だ。
近頃、とってもお利口さんなのに、足腰に問題を抱える犬たちが頻繁に運ばれてくる。
その犬たちは全て、浅草寺の犬屋「賢犬堂」から買われていた。
何か原因があるのかしら? 美津は不穏な思いを抱くが――。

江戸の世でも、ペットを思う気持ちは今と変わらない――。
お江戸のドクター・ドリトル、もふっと可愛くほっこり温かい傑作時代小説第2弾!

(『玉の輿猫 お江戸けもの医 毛玉堂』(講談社文庫)Amazonの内容紹介より)

10月に第1弾の『お江戸けもの医 毛玉堂』が新刊文庫として出たばかりで、続編がすぐに文庫で読めるのは、ファンとしてうれしいばかりです。

ペットブームの今を反映し、時代小説の世界にも空前の動物小説ブームが到来したように思います。犬、猫、小鳥など、愛らしい動物たちが登場します。
かくいう私ももふもふには眼がなく、動物小説は大歓迎です。

今月、三國青葉(みくにあおば)さんの『福猫屋 お佐和のねこだすけ』も要チェックで、早速、読書リストに入れました。

文庫●2022年11月中旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2022年11月中旬の新刊(11日→20日) 2022年11月11日から11月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張...

■Amazon.co.jp
『お江戸けもの医 毛玉堂』(泉ゆたか・講談社文庫)
『玉の輿猫 お江戸けもの医 毛玉堂』(泉ゆたか・講談社文庫)
『福猫屋 お佐和のねこだすけ』(三國青葉・講談社文庫)

泉ゆたか|時代小説リスト
泉ゆたか|いずみゆたか|時代小説・作家 1982年、神奈川県逗子市生まれ。 早稲田大学大学院修士課程卒業。 2016年、『お師匠さま、整いました!』で第11回小説現代長編新人賞を受賞しデビュー。 2019年、『髪結百花』で第8回日...