ジャンル

人物

サムライの時代の終焉に、天はこの男・河井継之助を選んだ

秋山香乃さんの長編歴史時代小説、『龍が哭く 河井継之助』(PHP文芸文庫)を入手しました。 河井継之助(かわいつぎのすけ)は、幕末の越後長岡藩の家老でした。 その半生は、司馬遼太郎さんの『峠』でドラマティックに描かれたことにより、全...
伝奇

「2020年1月の新刊 下」をアップ

2020年1月11日から1月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年1月の新刊 下」を掲載しました。 今回は、角川文庫から刊行される、夢枕獏さんの長編時代小説、『ヤマンタカ 上・下 大菩薩峠血風録』を紹介しま...
人物

咸宜園塾主で詩人・広瀬旭荘の生き様と夫婦愛を描く

葉室麟さんの長編時代小説、『雨と詩人と落花と』(徳間文庫)を入手しました。 文化二年(1805)に、儒学者で詩人の広瀬淡窓(たんそう)によって天領の豊後国日田に全寮制の私塾・咸宜園(かんぎえん)は創立されました。 本書は、淡窓の弟で...
人物

女子教育の先駆けとなった津田梅子と津田仙の生涯

『梅と水仙』|植松三十里 植松三十里(うえまつみどり)さんの長編小説、『梅と水仙』(PHP研究所)を紹介します。 本書は、新五千円札の肖像に決まり注目される、津田塾大学の創設者津田梅子とその父・仙の波瀾万丈の生涯を描いた歴史時代...
人物

乱世の無常を悟った、『方丈記』作者、鴨長明の生涯を描く

梓澤要(あずさわかなめ)さんの長編歴史時代小説、『方丈の孤月 鴨長明伝』(新潮社)を入手しました。 本書は、「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。 淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし...
スポンサーリンク