市井人情

スポンサーリンク
単行本

おんな大工・峰が江戸の住宅問題を解決する、お仕事人情小説

『江戸のおんな大工』 泉ゆたかさんの人情時代小説、『江戸のおんな大工』(KADOKAWA)を入手しました。 裏長屋には、かならずといっていいくらい、大工をしている住人がいました。 木と紙でできた江戸の住居は、耐久性が高くなく、火事...
ミステリー

江戸から明治へ移ろう時代を映す、本格時代ミステリの第2弾

『雪旅籠』 戸田義長さんの連作時代小説、『雪旅籠(ゆきはたご)』(創元推理文庫)を入手しました。 著者のデビュー作『恋牡丹』に続く、同心親子の推理が冴える、本格時代ミステリの第2弾です。 若き日より『八丁堀の鷹』と謳われてきた...
市井人情

世の底辺で生きて死ぬ男女を描く、瞠目の暗黒時代小説

『日蝕えつきる』 花村萬月さんの連作時代小説、『日蝕えつきる(ひはえつきる)』(集英社文庫)を入手しました。 天明六年(1786年)元日に起きた皆既日蝕を題材に、その日に命を失った5人の男女の物語を綴った、連作時代小説です。 あと...
女性

女縫箔師・咲の刺繍が紡ぐ縁(えにし)。江戸お仕事人情小説

『飛燕の簪 神田職人えにし譚』 知野みさきさんの長編時代小説、『飛燕の簪 神田職人えにし譚』(時代小説文庫)を入手しました。 本書は、2015年に招き猫文庫から刊行された『しろとましろ 神田職人町縁はじめ』を、タイトルを変更して復刊...
2020.08.02
女性

遊女の夢の後押しをする、飯盛旅籠の遣り手・おひろの物語

『そんな夢をあともう少し 千住のおひろ花便り』 稲田和浩さんの文庫書き下ろし時代小説、『そんな夢をあともう少し 千住のおひろ花便り』(祥伝社文庫)を入手しました。 著者は、プロフィールの肩書では、大衆芸能脚本家、演芸評論家、ライター...