シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

東京新聞「私の3冊」で、2023年に期待が膨らむ3冊を紹介

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

東京新聞「2022年私の三冊」この度、時代小説サイト「時代小説SHOW」の運営者として、理流は、東京新聞・中日新聞の年末の恒例企画「私の3冊」に寄稿しました。

2021年12月1日~2022年11月30日の期間に刊行された本の中から、おすすめの3冊を紹介する企画で、東京新聞には12月24日(土)の朝刊、中日新聞には12月25日(日)の朝刊にそれぞれ掲載されました。
200字という短い文字数では、伝えきれない思いがありましたので、少し補足をさせていただきます。

コロナによる生活スタイルの一変によって、われわれの読書を取り巻く環境は大きく変わってきました。また、2022年は、ロシアによるウクライナ侵攻の影響による用紙など原材料の高騰に、製作、運搬コストの値上げも重なって、出版はますます厳しい状況に置かれています。

そんな中にもかからず、今年も多くの面白い歴史時代小説が刊行されました。
ファンとして嬉しい限りで、推したい作品も多い中で、「私の3冊」を選ぶというお題は楽しくもありスリリングでもありました。

歴史時代小説のファンの固定化、高齢化傾向という昨今の潮流に対して、新しいファンの創出と拡大が喫緊の課題と強く認識しています。

今年を象徴するとともに、2023年に大きな期待が膨らむ、3冊を選んでみました。

千葉ともこさんの『戴天』は、安史の乱に揺れる玄宗皇帝の時代を舞台に、ロマンあふれ血がたぎる歴史活劇です。デビュー2作目にして、キャラクター造形、ストーリー、描写に格段に腕を磨いた著者の勢いを感じます。久々に中国歴史小説界に現れた大型新人に注目しています。

三人の友情は、天に通じるのか。胸を熱くする中国歴史小説
『戴天』|千葉ともこ|文藝春秋 千葉ともこさんの中国歴史小説、『戴天』(文藝春秋)を紹介します。 2020年、中国・唐の安禄山の乱の時代を描いた中国歴史小説、『震雷の人』で、第27回松本清張賞を受賞してデビューした、新進気鋭の小説家の第二弾...

2022年は、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のおかげで、かつてないほど鎌倉時代を描いた歴史時代小説が刊行されて活況を呈した一年。武士が中心に描かれる作品が多い中で、永井紗耶子さんの『女人入眼(にょにんじゅげん)』は、入内(后となるべき人が正式に内裏に入ること)をテーマに、北条政子と大姫の二人の愛憎の相克を中心に、女人たちの鎌倉を描ききった点が胸を打ちました。

入内をめぐる京と鎌倉の駆け引き、政子と大姫の相克を描く
『女人入眼』|永井紗耶子|中央公論新社 永井紗耶子(ながいさやこ)さんの長編歴史時代小説、『女人入眼(にょにんじゅげん)』(中央公論新社)を紹介します。 2010年、時代ミステリー『絡繰り心中 部屋住み遠山金四郎』で第11回小学館文庫小説賞...

ゲーム世代向けに、文庫書き下ろしというスタイルで発表したのが、直木賞作家今村翔吾さんの『イクサガミ 天』です。元剣客の主人公ら魅力的な猛者たちが続々参戦するデスゲームは劇画のような視覚的なイメージと強烈なリズムが特長で読みだしたら止められないエンタメ時代小説。普段は歴史時代小説を読まないような層にまで仕掛けていく、著者の冒険心に称賛を送りたいです。

明治の東海道を舞台に、命と金を懸けた、バトルロイヤル開幕
『イクサガミ 天』|今村翔吾|講談社文庫 今村翔吾の文庫書き下ろし時代小説、『イクサガミ 天』(講談社文庫)を紹介します。 2022年1月の直木賞受賞後の著者の活躍をSNSで目にすることが多く、驚嘆を覚えます。 インタビューなど各種メディア...

現在の歴史時代小説に危機感を抱き、イノベーションを起こそうとする作家たちの活躍から目が離せません。

★2022/12/30追記
掲載紙(2022年年12月24日付東京新聞朝刊)が届きました!
東京新聞 私の3冊

■Amazon.co.jp
『戴天』(千葉ともこ・文藝春秋)
『女人入眼』(永井紗耶子・中央公論新社)
『イクサガミ 天』(今村翔吾・講談社文庫)



千葉ともこ|時代小説ガイド
千葉ともこ|ちばともこ|時代小説・作家 1979年、茨城県生まれ。筑波大学日本語・日本文化学類卒業。 2020年、『震雷の人』で、第27回松本清張賞を受賞しデビュー。 2022年、『戴天』で、第11回日本歴史時代作家協会賞新人賞受賞。 時代...
永井紗耶子|時代小説ガイド
永井紗耶子|ながいさやこ|時代小説・作家 1977年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。 新聞記者を経て、フリーランスライターとして活躍。 2010年、「恋の手本となりにけり」(2014年、文庫刊行時に『恋の手本となりにけり』と改題)...
今村翔吾|時代小説ガイド
今村翔吾|いまむらしょうご|時代小説・作家 1984年京都府生まれ。ダンスインストラクター、作曲家、埋蔵文化財調査員を経て、作家に。 2016年、「蹴れ、彦五郎」で第19回伊豆文学賞最優秀賞受賞。 2016年、「狐の城」で第23回九州さが大...