本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

鎌倉

人物

埋もれた傑作も。「鎌倉殿の13人」が面白くなる、歴史短編集

『鎌倉殿争乱 珠玉の歴史小説』|菊池仁編|光文社文庫 文芸評論家の菊池仁(きくちめぐみ)さんの編による歴史時代小説アンソロジー、『鎌倉殿争乱 珠玉の歴史小説』(光文社文庫)を紹介します。 三谷幸喜さんの脚本によるNHK大河ドラマ「鎌...
2022.01.16
人物

「2022年1月中旬の新刊(文庫)」をアップ

『言の葉は、残りて』|佐藤雫|集英社文庫 2022年1月11日から1月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2022年1月中旬の新刊(文庫)」を掲載しました 今回は、佐藤雫さんの、恋愛歴史時代小説、『言の葉は、残り...
明治

『小説現代 2022年1・2月号』13人の作家が鎌倉時代を描く

『小説現代 2022年1・2月合併号』|講談社 月刊文芸誌まで、普段はとても手が回らないのですが、『小説現代 2022年1・2月合併号』(講談社)はどうしても読みたくなってしまいました。 NHK新大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の放送に...
平安

「地名の歴史」をたどると、日本人の歴史とルーツがわかる

『歴史人 2022年1月号』||ABCアーク 歴史情報マガジン、『歴史人 2022年1月号』(ABCアーク)を紹介します。 思えば、時代小説が好きになる昔から、地名や名字の由来にはずっと惹かれていました。しかしながら、そういったこと...
単行本

鎌倉殿の時代に、執権北条義時が一人勝ちできた理由とは

『執権義時に消された13人―闘争と粛清で読む「承久の乱」前史』|榎本秋|ウェッジ 作家で文芸評論家、出版プロデューサーの榎本秋(えのもとあき)さんの歴史読み物、『執権義時に消された13人―闘争と粛清で読む「承久の乱」前史』(ウェッジ)をご...
2021.11.25