鎌倉

スポンサーリンク
中国

東京新聞「私の3冊」で、2023年に期待が膨らむ3冊を紹介

この度、時代小説サイト「時代小説SHOW」の運営者として、理流は、東京新聞・中日新聞の年末の恒例企画「私の3冊」に寄稿しました。 2021年12月1日~2022年11月30日の期間に刊行された本の中から、おすすめの3冊を紹介する企画で...
ユーモア

兄頼朝と弟義経、二人の天才に挟まれた凡人源範頼の生きる道

『義経じゃないほうの源平合戦』|白蔵盈太|文芸社文庫 白蔵盈太(しろくらえいた)さんの文庫書き下ろし時代小説、『義経じゃないほうの源平合戦』(文芸社文庫)をご恵贈いただきました。 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の影響で、この一年ほど、...
ユーモア

「2022年12月上旬の新刊(文庫)」をアップ

『義経じゃないほうの源平合戦』|白蔵盈太|文芸社文庫 2022年12月1日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2022年12月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました 今回は、文芸社文庫の新刊に注目。白蔵盈太...
武家

承久の乱って何? やっぱり気になる「鎌倉殿の13人」の結末

『歴史街道 2022年12月号』|PHP研究所 歴史雑誌、『歴史街道 2022年12月号』(PHP研究所)を紹介します。 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の最終回は、2022年12月18日の第48回だそうです。 史実では、この後...
中山義秀文学賞

第28回中山義秀文学賞は、周防柳さんの『身もこがれつつ』

『身もこがれつつ 小倉山の百人一首』|周防柳|中央公論新社 11月6日(日)、第28回中山義秀文学賞(主催:中山義秀顕彰会、共催:白河市および中山義秀記念文学館)の公開選考会が白河文化交流館コミネス(福島県白河市)で開催され、注目の文学賞...