時代

スポンサーリンク
人物

幕末から明治を生きた、絵師歌川芳藤の矜持と執念を描く

『おもちゃ絵芳藤』 谷津矢車さんの長編時代小説、『おもちゃ絵芳藤』(文春文庫)を入手しました。 本書は、2018年に第七回歴史時代作家クラブ賞作品賞受賞作です。 江戸を代表する浮世絵師・歌川国芳の一門からは、歌川芳虎、歌川芳艶...
女性

「2020年10月下旬の新刊(文庫)」をアップ

『腐れ梅』|集英社文庫 2020年10月21日から10月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年10月下旬の新刊(文庫)」を掲載しました。 今回は、澤田瞳子(さわだとうこ)さんの『腐れ梅』(集英社文庫)を取...
2020.10.21
医療

パンデミックを乗り切った「江戸の危機管理術」とは

『江戸幕府の感染症対策 なぜ「都市崩壊」を免れたのか』 歴史家の安藤優一郎さんの歴史読み物、『江戸幕府の感染症対策 なぜ「都市崩壊」を免れたのか』(集英社新書)をご恵贈いただきました。 歴史家である著者は、江戸時代の社会や経済、政治...
人物

第11回山田風太郎賞は、今村翔吾さんの『じんかん』に決定

2020年10月16日、第11回山田風太郎賞(公益財団法人角川文化振興財団主催)が決定し、今村翔吾さんの『じんかん』(講談社・2020年5月刊)が受賞作に決定しました。 受賞、おめでとうございます! 受賞作のほかには、河...
単行本

今川、武田、北条、徳川…戦国興亡の舞台、静岡の城の物語

『アンソロジー しずおか 戦国の城』 “歴史小説イノベーション”を掲げ作家集団、操觚の会(そうこのかい)に所属する気鋭の作家による、歴史・時代小説アンソロジー、『アンソロジー しずおか 戦国の城』(静岡新聞社)を紹介します。 静岡県...