シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

「2023年9月の新刊(単行本)」をアップ

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

『風と雅の帝』|荒山徹 |PHP研究所

風と雅の帝2023年9月1日から9月末日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2023年9月の新刊(単行本)」を掲載しました。

今月は、PHP研究所から刊行される、荒山徹さんの歴史時代小説、『風と雅の帝』を紹介します。

皇位継承が持明院統と大覚寺統で交互に行なわれていた鎌倉時代後期、量仁(光厳天皇)は持明院統の期待を背負って即位した。
しかし、幕府が倒される際、六波羅探題軍とともに京都から逃れるも追い詰められ、目の前で六波羅探題ら四百名以上の武士が自刃。捕えられた光厳は、前帝・後醍醐によって即位そのものを否定されてしまう。その後、後醍醐と敵対した足利尊氏に擁立されることで、一度は“治天の君”の座につくも、尊氏の裏切りにより、南朝の囚われの身に――。
彼を慕っていた鎌倉武士の死、宿敵・後醍醐との泥沼の闘い、吉野での幽閉の日々……
南北朝の動乱の中、「天皇とは何か」を真摯に考え続け、現在の“象徴天皇”にも繋がる生き方を貫いた、“忘れられた天皇”を描く、著者渾身の歴史長編小説。

(『風と雅の帝』Amazon内容紹介より)

本書でスポットライトを浴びる光厳天皇(こうごんてんのう)は、後醍醐天皇ほど有名ではありませんが、南北朝時代の北朝の初代天皇となります。しかしながら、その生涯は意外に知られ得ちませんが、足利尊氏に翻弄された、悲劇の天皇を言えそうです。

本書は、光厳天皇の生き方を描き、鎌倉時代末期から南北朝へ動乱の時代を活写した歴史小説。
7世紀の白村江の戦いを新しい視点から描いた歴史小説『白村江』で、歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞した著者の久々の長編です。

単行本★2023年9月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2023年9月の新刊(1日→末日) 2023年9月1日から9月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンク...

■Amazon.co.jp
『風と雅の帝』(荒山徹・PHP研究所)
『白村江』(荒山徹・PHP文芸文庫)

荒山徹|時代小説ガイド
荒山徹|あらやまとおる|時代小説・作家 1961年、富山県高岡市生まれ。上智大学卒業後、新聞記者を経て、作家となる。 2008年、『柳生大戦争』で第2回舟橋聖一文学賞受賞。 2017年、『白村江』で第6回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)受賞。...