2020年文庫書き下ろし時代小説ベスト10、公開

室町

人物

「国滅ぼし」で国を医した、斎藤道三の三代の国盗り物語

『まむし三代記』|木下昌輝|朝日新聞出版 木下昌輝さんの長編歴史時代小説、『まむし三代記』(朝日新聞出版)を紹介します。 2020年、著者は本書で第二十六回中山義秀文学賞を受賞しました。 斎藤道三の一族による美濃を統一を描いた戦国...
人物

歴史伝奇のレジェンドが描く、骨皮道賢と応仁の乱の地獄模様

『血と炎の京 私本・応仁の乱』|朝松健|文春文庫 朝松健(あさまつけん)さんの文庫書き下ろし時代小説、『血と炎の京(みやこ) 私本・応仁の乱』(文春文庫)を入手しました。 伝奇歴史時代小説のレジェンド、朝松健さんの最新作が文春文庫か...
作家

室町・戦国史を面白くする「足利氏」を七人が書き下ろし競演

『足利の血脈 書き下ろし歴史アンソロジー』|秋山香乃、荒山徹、川越宗一、木下昌輝、鈴木英治、早見俊、谷津矢車|PHP研究所 歴史時代小説作家団体「操觚の会(そうこのかい)」に参加する、作家による、歴史時代小説短編集、『足利の血脈 書き下ろ...
伝奇

「2020年12月上旬の新刊(文庫)」をアップ

『血と炎の京 私本・応仁の乱』|朝松健|文春文庫 2020年12月1日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年12月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました。 今回は、朝松健さんの伝奇歴史小説、『血と炎...
人物

禅僧・夢窓疎石の教えと「太平記」の世界を読み解く歴史小説

『夢窓(むそう)』 服部真澄さんの長編歴史小説、『夢窓』(PHP研究所)を入手しました。 鎌倉から南北朝時代の禅僧、夢窓疎石の生涯を描いた歴史小説。 夢窓は、後醍醐天皇や足利尊氏、直義兄弟に崇敬された禅僧で、西芳寺や天龍寺の庭園の...