シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

2023-10

ユーモア

「2023年11月上旬の新刊(文庫)」をアップ

『土下座奉行 どげざ禁止令』|伊藤尋也|小学館文庫 2023年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2023年11月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました 今月注目しているのは、小学館文庫から刊行される、伊...
人物

東京新聞で、武川佑さんの戦国小説『真田の具足師』を紹介

『真田の具足師』|武川佑|PHP研究所 10月28日(土)の東京新聞朝刊(中日新聞は10月29日)の読書面の「推し時代小説」のコーナーで、おすすめの時代小説を紹介させていただきました。 「推し時代小説」は、旬のおすすめの作品を、文芸ジャーナ...
ミステリー

兄妹が営む江戸の飼鳥屋を舞台にした、時代ミステリー第2弾

『かなりあ堂迷鳥草子2 盗蜜』|和久井清水|講談社文庫 江戸のペットショップ、飼鳥屋(かいとりや)が活躍する時代小説というと、蝉谷めぐ実さんの『化け者心中』、梶よう子さんの『ことり屋おけい探鳥双紙』、志川節子さんの『花鳥茶屋せせらぎ』などが...
お気に入り

名画に隠された悲しい愛の物語を掘り起こす、名探偵亜澄

『鎌倉署・小笠原亜澄の事件簿 極楽寺逍遙』|鳴神響一|文春文庫 芸術の秋を楽しむ一冊。絵画をめぐるミステリーをご紹介します。 鳴神響一(なるかみきょういち)さんの『鎌倉署・小笠原亜澄の事件簿 極楽寺逍遙』(文春文庫)は、文庫書き下ろしの警察...
人物

薬師として、女として、家康と共に歩み、戦った阿茶局の物語

『続 家康さまの薬師』|鷹井伶|潮文庫 NHK大河ドラマ「どうする家康」のおかげで、徳川家康の何人もいる側室についても、知識が増えて少しわかるようになりました。 そんな家康の側室の中でとくに惹かれるのが、阿茶局(あちゃのつぼね)です。 鷹井...