シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

「2023年11月上旬の新刊(文庫)」をアップ

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

『土下座奉行 どげざ禁止令』|伊藤尋也|小学館文庫

土下座奉行 どげざ禁止令2023年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2023年11月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました

今月注目しているのは、小学館文庫から刊行される、伊藤尋也さんの文庫書き下ろし時代小説、『土下座奉行 どげざ禁止令』です。

著者は、時代小説第1作の『土下座奉行』で、武士の禁じ手「土下座」を奥義にまで高めた型破りのユーモア捕物小説で話題となり、第12回日本歴史時代作家協会賞文庫書き下ろし新人賞を受賞しました。

いまや大岡越前の名裁きを超えると評判の高い「どげざ裁き」。町人から拍手喝采を浴びる町奉行の牧野成綱だったが、なんと土下座禁止の命が下ってしまう。敵対する老中の水野忠邦と阿部正弘の嫌がらせに絶体絶命の牧野。
今日のお白洲は「三方一両損」ならぬ、「三方一どげ損」で、紙一重の落着に導いたはいいが、すぐさま最大の危機が町奉行所に襲いかかる。江戸市中に阿片が出回っているというのだ。
南北町奉行所総出で探索する中、同心の小野寺重吾は、「げんこつ咲く良」と呼ばれる喧嘩娘に出会う。阿片事件の鍵を握っているらしい彼女は一体何者なのか? 気炎万丈の剣戟捕物、再び参上!

(『土下座奉行 どげざ禁止令』(小学館文庫)Amazonの内容紹介より)

シリーズ2作目となる本書で、町奉行の牧野駿河守成綱は得意技の「土下座」を禁止されてしまいます。はてさて、いかなる形で最大の危機を乗り越えるのでしょうか?
また、成綱の部下である「しゅうとめ重吾」こと小野寺重吾の捕物の行方も気になります。
あ~、発売が待ち遠しい。

文庫●2023年11月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年11月上旬の新刊(1日→10日) 2023年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています...

■Amazon.co.jp
『土下座奉行』(伊藤尋也・小学館文庫)
『土下座奉行 どげざ禁止令』(伊藤尋也・小学館文庫)

伊藤尋也|時代小説ガイド
伊藤尋也|いとうひろや|時代小説・作家 1974年、岐阜県生まれ。 2020年、警察小説『小学生刑事(デカ)』で作家デビュー。 2021年、『孫むすめ捕物帳 かざり飴』(小学館文庫)で時代小説作家としてデビュー。 2023年、『土下座奉行』...