シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

文庫●2023年11月上旬の新刊

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

時代小説●文庫新刊情報|2023年11月上旬の新刊(1日→10日)

2023年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

小学館文庫
伊藤尋也さんの『土下座奉行 どげざ禁止令』
いまや大岡越前の名裁きを超えると評判の高い「どげざ裁き」。町人から拍手喝采を浴びる町奉行の牧野成綱でしたが、なんと土下座禁止の命が下ってしまいました。敵対する老中の水野忠邦と阿部正弘の嫌がらせに絶体絶命の牧野。最大の危機が町奉行所に襲いかかります。江戸市中に阿片が出回っていると。
第12回日本歴史時代作家協会文庫書き下ろし新人賞受賞作の第2弾。

井原忠政さんの『長篠忠義 北近江合戦心得 (三)』浅井家重臣だった遠藤与一郎は、主家再興のため、仇である織田信長麾下の羽柴秀吉に、足軽から仕えることとなりました。潜行していた越前で、徳川家重臣・大賀弥四郎が敵の武田勝頼に内応しているという情報を掴んだ与一郎ら一行。報を受けた秀吉からまた無茶な命がくだります。「謀反人はおみゃあが殺せ」と。
臨場感溢れる戦場描写が魅力の、再起奮闘のお家再興戦国物語第3弾。

朝日文庫
大矢博子編さんの『朝日文庫時代小説アンソロジー『めおと』』
江戸詰めの貞次郎は国元にいる妻の不義密通を知り、妻と男を成敗するため国元に向かいます……「女敵討」、夕星屋のご隠居・邦太郎が体が動かなくなった妻を特製の車椅子に乗せ、桜の見物に回る「西應寺の桜」。青山文平、朝井まかて、浅田次郎 、宇江佐真理 、藤沢周平、 山本一力さんの短編6編を収録。

PHP文芸文庫
細谷正充編さんの『なみだあめ<哀愁> 時代小説傑作選』
料亭の主人・徳兵衛は、老いによる躰の不調や料亭を継ぐ甥への苛立ちから、当てつけとして、迷い込んできた子犬に身代を譲ると言い出し……「雨夜の月」(高瀬乃一)。父と娘、母と息子、男同士の友情……、江戸の人情に思わずもらい泣き必至の6編を収録。期待の新鋭・高瀬乃一さんをはじめ、注目の女性作家たちにおるアンソロジーです。

冲方丁さんの『月と日の后(上・下)』
わずか十二歳で入内した、藤原道長の娘・彰子。父に言われるがままに宮中に入った彼女を、夫である一条天皇は優しく受け入れますが、彼が真に愛した女性・定子の存在は、つねに彰子に付きまといます……。父や夫に照らされる“月”でしかなかった彰子が、やがて「国母」として自ら光を放ち出すまでをドラマチックに描く平安時代長編。

文春文庫
諸田玲子さんの『しのぶ恋 浮世七景』
近松に描かれスターとなった遊女・梅川に憧れ、端女郎・小梅は心中未遂を試みますが……。写楽の「二世市川高麗蔵の亀屋忠兵衛と中山富三郎の梅川」など、北斎、歌麿、広重らの浮世絵の名作に材を取って、生まれた物語は、男女の喜怒哀楽の表情を濃密に描いた感動作となっています。

幻冬舎時代小説文庫
佐々木裕一さんの『姫と剣士 一』
幕末、名高い道場主の息子でありながら次男であるが故にその才を隠し生きてきた伊織。だが兄は行方知れずとなり、討幕派の門人を匿っているとの疑いを受けた父は、剣を取れない体にされてしまい、道場は閉鎖、。さらに唯一の安らぎとして心を寄せる琴乃の父は、佐幕派の急先鋒を担う旗本で……。一心に腕を磨く剣士の愛と献身を描いた時代小説スタート。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●11月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『山本五十六と大東亜戦争 山本提督は自由主義圏で再生する日本に賭けた』小島伊織『山本五十六と大東亜戦争 山本提督は自由主義圏で再生する日本に賭けた』
『上山宿始末』小笠原新『上山宿始末』
●11月7日発売 河出書房新社・河出文庫
『源氏物語 2』角田光代訳『源氏物語 2』
『好色一代男』島田雅彦訳『好色一代男』
『平家物語 2』古川日出男訳『平家物語 2』
『更級日記』江國香織訳『更級日記』
●11月7日発売 小学館・小学館文庫
『女形と針子』
→記事:明治歌舞伎青春譚。一座の危機に大舞台で女形を演じる「女
金子ユミ『女形と針子』
『土下座奉行 どげざ禁止令』
→記事:「2023年11月上旬の新刊(文庫)」をアップ
→記事:最強兵器の土下座を禁止された「どげざ駿河」。どうする?
伊藤尋也『土下座奉行 どげざ禁止令』
『長篠忠義 北近江合戦心得 (三)』
→記事:鉄砲玉飛び交う長篠で与一郎は活躍なるか? 於弦の運命は?
井原忠政『長篠忠義 北近江合戦心得 (三)』
『京博 深掘りさんぽ』グレゴリ青山『京博 深掘りさんぽ』
●11月7日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『朝日文庫時代小説アンソロジー『めおと』』大矢博子編『朝日文庫時代小説アンソロジー『めおと』』
『この世をば (上) 藤原道長と平安王朝の時代』永井路子『この世をば (上) 藤原道長と平安王朝の時代』
『この世をば (下) 藤原道長と平安王朝の時代』永井路子『この世をば (下) 藤原道長と平安王朝の時代』
●11月7日発売 宝島社・宝島社文庫
『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 抹茶の香る密室草庵』山本巧次『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 抹茶の香る密室草庵』
『大江戸妖怪の七不思議 桜咲准教授の災害伝承講義』久真瀬敏也『大江戸妖怪の七不思議 桜咲准教授の災害伝承講義』
●11月8日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『なみだあめ<哀愁> 時代小説傑作選』細谷正充編『なみだあめ<哀愁> 時代小説傑作選』
『月と日の后(上)』冲方丁『月と日の后(上)』
『月と日の后(下)』冲方丁『月と日の后(下)』
●11月8日発売 文藝春秋・文春文庫
『朝比奈凜之助捕物暦 死人の口』千野隆司『朝比奈凜之助捕物暦 死人の口』
『しのぶ恋 浮世七景』諸田玲子『しのぶ恋 浮世七景』
●11月9日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『姫と剣士 一』佐々木裕一『姫と剣士 一』
●11月9日発売 講談社・講談社学術文庫
『藤原道長「御堂関白記」を読む』倉本一宏『藤原道長「御堂関白記」を読む』
『ドラキュラ・シンドローム 外国を恐怖する英国ヴィクトリア朝』丹治愛『ドラキュラ・シンドローム 外国を恐怖する英国ヴィクトリア朝』
●11月9日発売 徳間書店・徳間文庫
『仙左とお勢 裏裁き 悪逆旗本』喜安幸夫『仙左とお勢 裏裁き 悪逆旗本』
『公儀鬼役御膳帳 ゆずり葉 〈新装版〉』六道慧『公儀鬼役御膳帳 ゆずり葉 〈新装版〉』
『博徒大名伊丹一家二 激熱商売』沖田正午『博徒大名伊丹一家二 激熱商売』
●11月10日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『がんこ煙管 取次屋栄三』岡本さとる『がんこ煙管 取次屋栄三』
『螢と鶯 鳴神黒衣後見録』
→記事:芝居にすべてを捧げる、裏方と役者たちの江戸の青春群像小説
佐倉ユミ『螢と鶯 鳴神黒衣後見録』
『仕事に効く 教養としての「世界史」II』出口治明『仕事に効く 教養としての「世界史」II』
●11月10日発売 青春出版社・青春文庫
『歴史の歯車をまわした発明と発見 その衝撃に立ち会う本』おもしろ世界史学会編『歴史の歯車をまわした発明と発見 その衝撃に立ち会う本』
●11月10日発売 法蔵館・法蔵館文庫
『法然とその時代』田村圓澄
『風水講義』三浦國雄『風水講義』
『祭儀と注釈』桜井好朗『祭儀と注釈』

↑ 新刊情報Topへ← 2023年10月の新刊 下(21日→月末)2023年11月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2023年11月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2023年11月の新刊(1日→末日) 2023年11月1日から11月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...