2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

単行本★2024年3月の新刊情報

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

単行本★時代小説新刊情報|2024年3月の新刊(1日→末日)

2024年3月1日から3月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書、古典日本文学の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

西條奈加さんの『姥玉みっつ』
名手宅の祐筆を得て静かな余生を過ごしたいお麓は、おはぎ長屋という長屋に住んでいました。これで老後の安泰は約束されたと思い込んでいましたが、その平穏な暮らしはわずか一年で終わりを迎えたます。
お菅が越してくると、さらに半年後にはお修がやってきたのです。
二人の幼馴染はお麓の長屋を毎日欠かさず訪ねてきては、心底どうでもいい話をしゃべり散らします。
安穏に暮らすはずのお麓の余生はどうなってしまうのでしょうか。
さらには、いろいろな事件に巻き込まれていき……。
江戸を舞台に「女性の老後」をテーマにした悲喜劇を描く長編小説。

吉川永青さんの『虎と兎』
幕末、アメリカへ渡った白虎隊の生き残りの少年虎太郎は、インディアンの少女ルルを助けました。虎太郎は南北戦争の英雄カスターに追われるルルを助けながら、アメリカ縦断の旅へ出るますが……。戦国小説、時代小説の名手である著者が送る、サムライ西部劇アクション。

千葉ともこさんの『火輪の翼』
玄宗皇帝が政治を疎かにし国が乱れていた唐の時代。民を救うため安禄山と史思明が挙兵し、安史の乱が勃発しました。しかし、戦は泥沼化し、国は疲弊していきます。絶大な人気を誇った力者の娘・呉笑星、史家の長男・史朝義、安家の次男・安慶緒は、命を賭して戦を終わらせようと誓いますが……。胸熱の中国歴史エンターテインメント。

あさのあつこさんの『闇医者おゑん秘録帖-碧空の音』
わけありの女たちを診療するおゑんの許へ、何かを極度に怖れている妊婦が訪ねてきました。彼女は目を血走らせ、十両を差し出しながら言う。「お願いします。この子を産ませてください」と。
後日、吉原惣名主に依頼され診ることになった女郎も、奇矯な妊婦でした。大店の主人に身請けされることが決まっていて、その子を身籠っていながら、「産みたくない」と叫びながら自死しようとしたのでした。
彼女たちは何者で、何故、一人は出産を望み、もう一人は出産を拒否するのでしょうか? 疑念がきざしたおゑんは、その謎を追うことに……。

帚木蓬生さんの『香子(四)紫式部物語』
彰子中宮に二人目の皇子が生まれ、道長が権勢を極めていく中、香子(紫式部)は「女人の哀しみ」を込め、『源氏物語』を書き続けます。

上田秀人さんの『新陰の大河 上泉信綱伝』
上泉信綱は、相模国小田原城主・北条氏との戦いで獅子奮迅の活躍虚しく、主君である上野国箕輪城主長野業政の嫡男・吉業は護りきれませんでした。
無能な関東管領を見限り、甲斐国の武田晴信の誘いにもなびかず、我が道を行く主君に仕える信綱でしたが、ついに業政の命運が尽きてしまいます。
信綱は「兵法を極めよ」という業政の遺言を成し遂げるべく、弟子の疋田文五郎、神後宗治とともに諸国修業の旅に出る決意を固めることに。戦国武将剣豪ロマン。

赤神諒さんの『佐渡絢爛』
元禄時代の佐渡金山を舞台にした歴史ミステリー。次々と起こる怪事件の現場には、血塗れの能面が! 衝撃の真相とは!? 後に勘定奉行として貨幣改鋳を行ったことで知られる、荻原重秀も佐渡奉行として登場します。

★2024/3/16追記
高瀬乃一さんの『無間の鐘』
修験者のなりをして国々を放浪する謎の「十三童子」。役者と見まがうこの色男は、錫杖を鳴らし銀のキセルをふかしながら、欲にまみれた人間たちをこう誘います。
「来世で地獄に堕ちてもよいなら、ひとつだけ願ってこの鐘を撞け」
ただし、撞いた者は来世に底なしの無間地獄に堕ち、子も今生で地獄に堕ちるとも。
第12回日本歴史時代作家協会賞新人賞受賞作家が描く、恐るべき因果応報譚。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●3月1日発売 KADOKAWA
『呪術講座 入門編』加門七海『呪術講座 入門編』
●3月1日発売 白馬社
『近代奇人伝』梅原正紀『近代奇人伝』
●3月1日発売 文芸社
『画僧月僊足跡録』桃屋乗平『画僧月僊足跡録』
『武田最後の雄 仁科盛信』前田宗徳『武田最後の雄 仁科盛信』
●3月1日発売 捕物出版
『浅香主水捕物帖 第五巻 犬姫教祖』佐々木杜太郎『浅香主水捕物帖 第五巻 犬姫教祖』
●3月4日発売 KADOKAWA
『十二単と雅な和装の描き方 平安時代の装束大図鑑 神技作画資料集』砂崎良監修『十二単と雅な和装の描き方 平安時代の装束大図鑑 神技作画資料集』
●3月4日発売 辰巳出版
『傷だらけの光源氏』大塚ひかり『傷だらけの光源氏』
●3月5日発売 幻冬舎
『日清、日露、太平洋戦争『大東亜共栄圏構想の目算』彷徨える日本史』源田京一『日清、日露、太平洋戦争『大東亜共栄圏構想の目算』彷徨える日本史』
●3月5日発売 潮出版社
『姥玉みっつ』西條奈加『姥玉みっつ』
●3月6日発売 ABCアーク
『歴史人2024年4月号(おとなの歴史学び直し企画「古事記と日本書記」)』歴史人編集部編集『歴史人2024年4月号(おとなの歴史学び直し企画「古事記と日本書記」)』
●3月6日発売 KADOKAWA
『ダ・ヴィンチ 2024年4月号』『ダ・ヴィンチ 2024年4月号』
●3月6日発売 PHP研究所
『歴史街道2024年4月号(特集1「戦国合戦・関東100年の争乱)』歴史街道編集部編集『歴史街道2024年4月号(特集1「戦国合戦・関東100年の争乱)』
●3月6日発売 朝日新聞出版・週刊朝日ムック
『歴史道 Vol.32(特集:古墳と古代天皇陵の謎)』朝日新聞出版編衆『歴史道 Vol.32(特集:古墳と古代天皇陵の謎)』
●3月7日発売 筑摩書房
『日本書道史新論 ――書の多様性と深みを探る』魚住和晃『日本書道史新論 ――書の多様性と深みを探る』
●3月7日発売 中央公論新社・中公ムック
『歴史と人物18-日本百名墳』中央公論新社編集『歴史と人物18-日本百名墳』
●3月7日発売 朝日新聞出版
『虎と兎』
→記事:白虎隊の生き残りがインディアンとともに戦う、西部劇小説
吉川永青『虎と兎』
『若冲画賛 賛を読んで知る若冲画の秘密』門脇むつみ他編集『若冲画賛 賛を読んで知る若冲画の秘密』
●3月8日発売 KADOKAWA
『奈良公園の案内書 ~極(きわみ)~』千田稔監修『奈良公園の案内書 ~極(きわみ)~』
●3月8日発売 KADOKAWA・角川新書
『後期日中戦争 華北戦線 太平洋戦争下の中国戦線2』広中一成『後期日中戦争 華北戦線 太平洋戦争下の中国戦線2』
『記紀の考古学』森浩一『記紀の考古学』
●3月8日発売 中央公論新社
『空海の風景-上巻 新版』司馬遼太郎『空海の風景-上巻 新版』
『空海の風景-下巻 新版』司馬遼太郎『空海の風景-下巻 新版』
『ノルマンディ戦の六ヵ国軍-Dデイからパリ解放まで』ジョン・キーガン『ノルマンディ戦の六ヵ国軍-Dデイからパリ解放まで』
●3月8日発売 文学通信
『歌舞伎 研究と批評 68 特集・歌舞伎と近現代演劇』歌舞伎学会編集『歌舞伎 研究と批評 68 特集・歌舞伎と近現代演劇』
●3月9日発売 日経BP 日本経済新聞出版・日経プレミアシリーズ
『道と日本史』金田章裕『道と日本史』
●3月10日発売 法蔵館
『岡山県新見の伝説』原田信之『岡山県新見の伝説』
●3月11日発売 NHK出版・HK出版新書
『戦国武将を推理する』今村翔吾『戦国武将を推理する』
●3月12日発売 文藝春秋
『火輪の翼』
→記事:「2024年3月の新刊(単行本)」をアップ>
→記事:中国史最大の戦乱、安史の乱を終わらせようとした勇者たち
千葉ともこ『火輪の翼』
●3月13日発売 KADOKAWA
『「戯画図巻」の世界 競う神仏、遊ぶ賢人』齋藤真麻理編集『「戯画図巻」の世界 競う神仏、遊ぶ賢人』
●3月14日発売 講談社
『サロメの断頭台』夕木春央『サロメの断頭台』
●3月15日発売 集英社
『小説すばる 2024年 04 月号』『小説すばる 2024年 04 月号』
●3月18日発売 中央公論新社
『闇医者おゑん秘録帖-碧空の音』あさのあつこ『闇医者おゑん秘録帖-碧空の音』
『明治を綴る麗しの歌-英語で伝えたい昭憲皇太后百首』ハロルド・ライト編『明治を綴る麗しの歌-英語で伝えたい昭憲皇太后百首』
●3月18日発売 朝日新聞出版・週刊朝日ムック
『小説TRIPPER (小説トリッパー) 2024年 春号』朝日新聞出版 編集『小説TRIPPER (小説トリッパー) 2024年 春号』
●3月19日発売 朝日新聞出版
『祖父・鈴木貫太郎 孫娘が見た、終戦首相の素顔』鈴木道子『祖父・鈴木貫太郎 孫娘が見た、終戦首相の素顔』
●3月19日発売 朝日新聞出版・朝日年表シリーズ
『『日本の合戦年表』古代から現代まで争いの変遷が劇的にわかる』小和田泰経監修『『日本の合戦年表』古代から現代まで争いの変遷が劇的にわかる』
●3月19日発売 文藝春秋・文春新書
『定年後に読む不滅の名著200選』文藝春秋編『定年後に読む不滅の名著200選』
●3月21日発売 PHP研究所
『紫式部はなぜ主人公を源氏にしたのか』井沢元彦『紫式部はなぜ主人公を源氏にしたのか』
●3月21日発売 マイナビ出版
『中国史で世界を読む』渡邉義浩『中国史で世界を読む』
●3月21日発売 双葉社
『ことば探偵 金田一京助の秘密』郷原宏『ことば探偵 金田一京助の秘密』
●3月21日発売 早川書房
『両京十五日 2: 天命』馬伯庸『両京十五日 2: 天命』
●3月22日発売 岩波書店・岩波新書
『魔女狩りのヨーロッパ史』池上俊一『魔女狩りのヨーロッパ史』
●3月22日発売 新潮社
『小説新潮 2024年04月号』小説新潮編集部編集『小説新潮 2024年04月号』
●3月22日発売 講談社
『小説現代 2024年 04 月号』
●3月25日発売 幻冬舎
『緑 或る武家のものがたり―仙台藩・無名武士の二百八十年』伊藤真康『緑 或る武家のものがたり―仙台藩・無名武士の二百八十年』
●3月26日発売 幻冬舎
『花房藩 釣り役 天下太平~五月の恋の吹きながし~』石原しゅん『花房藩 釣り役 天下太平~五月の恋の吹きながし~』
●3月27日発売 PHP研究所
『香子(四)紫式部物語』帚木蓬生『香子(四)紫式部物語』
●3月27日発売 小学館
『新陰の大河 上泉信綱伝』上田秀人『新陰の大河 上泉信綱伝』
●3月27日発売 新潮社・新潮選書
『決断の太平洋戦史:「指揮統帥文化」からみた軍人たち』大木毅『決断の太平洋戦史:「指揮統帥文化」からみた軍人たち』
●3月27日発売 双葉社
『小説推理 2024年5月号』
●3月27日発売 徳間書店
『佐渡絢爛』赤神諒『佐渡絢爛』
●3月27日発売 講談社
『無間の鐘』高瀬乃一『無間の鐘』
●3月29日発売 KADOKAWA
『維新変革の奇才 横井小楠』猪飼隆明『維新変革の奇才 横井小楠』
『漢文の読法 史記 游侠列伝』齋藤希史他『漢文の読法 史記 游侠列伝』
●3月29日発売 白水社・文庫クセジュ
『奴隷制廃止の世紀1793-1888』マルセル・ドリニー『奴隷制廃止の世紀1793-1888』

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2024年2月の新刊

文庫●2024年3月下旬の新刊情報
時代小説●文庫新刊情報|2024年3月下旬の新刊(21日→月末) 2024年3月21日から3月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。 新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →新刊情報リス...
文庫●2024年3月中旬の新刊情報
時代小説●文庫新刊情報|2024年3月中旬の新刊(11日→20日) 2024年3月11日から3月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。...
文庫●2024年3月上旬の新刊情報
時代小説●文庫新刊情報|2024年3月上旬の新刊(1日→10日) 2024年3月1日から3月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →...