シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

文庫●2024年3月中旬の新刊情報

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

時代小説●文庫新刊情報|2024年3月中旬の新刊(11日→20日)

2024年3月11日から3月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

双葉文庫
千野隆司さんの『おれは一万石 【二十八】-銘茶の行方』
正紀の近習植村の嫁取り、待望の世継ぎ誕生と、慶事が続いた高岡藩井上家。そんな中、本家浜松藩の扶持米と、分家下妻藩が仕入れた銘茶緑苑が奪われました。扶持米は藩士の血の一滴で、銘茶は藩財政を救う鍵となります。さらに荷船に同乗していた植村の切腹を求める声も上がりました。一門の混乱の中で、藩主としての正紀の腕が試されます。大人気シリーズ第28弾。

金子成人さんの『ごんげん長屋つれづれ帖(八) 初春の客』
根津権現社にほど近い谷中三崎町の寺で、行き倒れの若い女が見つかりました。女は激しい折檻を受けていたらしく、医師である白岩道円の屋敷に運び込まれました。目明かしの作造から、女がうわ言で、娘のお琴への詫びを口にしていたとの話を聞いたお勝は、女に事情を質すべく、道円の屋敷に足を運ぶのですが……。大人気の人情長屋ものシリーズ第8弾。

光文社文庫
佐伯泰英さんの『未だ謎: 芋洗河岸(3)』
美濃国苗木藩を出奔し浪人となった小此木善次郎の一家三人が、神田明神下の一口長屋に流れ着いて二年が過ぎました。神田明神では、一年前から続く賽銭泥棒の捕縛に乗り出し、善次郎に依頼が。その思いがけない犯人とは? そして長屋に次々伸びる悪の手に立ち向かう善次郎は? 修繕された新生一口長屋で、ある大きな使命を得ることになりました……。シリーズ完結編。

講談社文庫
上田秀人さんの『流言 武商繚乱記(三)』
時は元禄、大坂では莫大な富を得た大商家・淀屋が隆盛をきわめ中、幕府は、目付の中山出雲守を大坂東町奉行の増し役に任じ、淀屋を探らせることに。
大坂・東町奉行所内で孤立していた同心、山中小鹿は、中山出雲守から淀屋の監視を命じられます。
いっぽうの淀屋も密かに策を練っていました……。シリーズ第3弾。

和久井清水さんの『かなりあ堂迷鳥草子3 夏塒』
その年生まれた若い雀が一本の木を塒に定めて集まることがあります。それが夏塒(なつねぐら)。日が落ち寝入るまで雀たちが激しく鳴き合うさまは雀合戦。他にも秧鶏(くいな)叩く、百舌の速贄(はやにえ)、鴨の浮寝(うきね)……鳥たちをめぐる様々な言葉の裏にある謎を、江戸の飼鳥屋の看板娘お遥が解き明かしてゆく。心温まる、時代ミステリー。

時代小説文庫
井原忠政さんの『闇夜の決闘 人撃ち稼業(三)』
南町奉行所の同心・本多圭吾は、卒中で急死したとされる田安家家老の墓を秘かに暴きました。丹沢の鉄砲撃ち名人・玄蔵が狙撃したのではないかと睨んだ本多は、遺体を検分しその確信を深めました。
一方、玄蔵は狙撃しようとすると手に震えが出て、撃てない状態におちいっていました。徒目付の多羅尾や女忍の千代ら仲間とともに青梅へ転地療養に行くことに……。
絶体絶命の戦場で、玄蔵らは家族や仲間を救えるのか!? 好評シリーズの第3弾。

集英社文庫
西山ガラシャさんの『おから猫』
名古屋のおから猫神社にやってくるのは、出世したい町奉行や北斎をもてなす書林の主。はたして願いは叶うのでしょうか。日経小説大賞作家のユーモア歴史小説。

中公文庫
富樫倫太郎さんの『ちぎれ雲 一-浮遊の剣』
〝猪母真羅〟持ちで美丈夫の麗門愛之助。女が群がるこの男、実は放念無慚流の達人にして、大身旗本の次男坊という恵まれた境遇。しかし宮仕えを嫌い、気ままな用心棒暮らしを送っていました。ところが、江戸中を恐怖に陥れていた残虐な盗賊団〝煬帝〟を、「ある事情」から斬ることになった愛之助だですが……。時代小説界のネオ・ヒーロー、誕生!

★2024/05/26追記
集英社オレンジ文庫
ゆうきりんさんの『大江戸恋情本繁昌記 天の地本』
エンタメ小説の若手編集女子、小桜天は浅草で打ち合わせの帰り、大御所作家と鉢合わせてトラブルとなり、もみ合う内にトラックに轢かれてしまいます。。ところが目覚めると、そこは病院ではなく、江戸時代!? 謎の侍に拾われ、三味線の女師匠に世話になる天でしたが、生きるため、この時代でも本を作ることにします。果たして、現代の知恵で江戸の人々にも売れる本を作れるのでしょうか?

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●3月11日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『江戸の戯作絵本 3』小池正胤、他編集『江戸の戯作絵本 3』
●3月12日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『秘剣の名医【十六】蘭方検死医 沢村伊織』永井義男『秘剣の名医【十六】蘭方検死医 沢村伊織』
『将軍側目付 暴れ隼人 京の突風』吉田雄亮『将軍側目付 暴れ隼人 京の突風』
『手籠め人源之助秘帖 若後家ねぶり』睦月影郎『手籠め人源之助秘帖 若後家ねぶり』
●3月13日発売 アルファポリス・アルファポリス文庫
『後宮の隠し事: 嘘つき皇帝と餌付けされた宮女の謎解き料理帖』四片霞彩『後宮の隠し事: 嘘つき皇帝と餌付けされた宮女の謎解き料理帖』
●3月13日発売 光文社・光文社古典新訳文庫
『枕草子』清少納言『枕草子』
●3月13日発売 光文社・光文社文庫
『未だ謎: 芋洗河岸(3)』佐伯泰英『未だ謎: 芋洗河岸(3)』
『後宮女官の事件簿(二) 月の章』藍川竜樹『後宮女官の事件簿(二) 月の章』
『近くの悪党: 新・木戸番影始末(八)』喜安幸夫『近くの悪党: 新・木戸番影始末(八)』
『怨鬼の剣: 書院番勘兵衛』鈴木英治『怨鬼の剣: 書院番勘兵衛』
●3月13日発売 双葉社・双葉文庫
『鬼人幻燈抄 【七】-明治編 君を想う』中西モトオ『鬼人幻燈抄 【七】-明治編 君を想う』
『新・知らぬが半兵衛手控帖 【二十一】-金貸し』藤井邦夫『新・知らぬが半兵衛手控帖 【二十一】-金貸し』
『おれは一万石 【二十八】-銘茶の行方』千野隆司『おれは一万石 【二十八】-銘茶の行方』
『ごんげん長屋つれづれ帖 【八】-初春の客』
→記事:「2024年3月中旬の新刊(文庫)」をアップ
→記事:『ごんげん長屋』に空き部屋が二つ。次に入る住人は?
金子成人『ごんげん長屋つれづれ帖 【八】-初春の客』
『新・若さま同心 徳川竜之助 【四】-南蛮の罠〈新装版〉』風野真知雄『新・若さま同心 徳川竜之助 【四】-南蛮の罠〈新装版〉』
●3月14日発売 講談社・講談社学術文庫
『新版 蜻蛉日記 全訳注』上村悦子『新版 蜻蛉日記 全訳注』
『航西日記 パリ万国博見聞録 現代語訳』渋沢栄一他『航西日記 パリ万国博見聞録 現代語訳』
『近代日本の陽明学』小島毅『近代日本の陽明学』
『帝国大学の誕生』中山茂『帝国大学の誕生』
●3月15日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『闇夜の決闘 人撃ち稼業(三)』井原忠政『闇夜の決闘 人撃ち稼業(三)』
●3月15日発売 講談社・講談社文庫
『流言 武商繚乱記(三)』上田秀人『流言 武商繚乱記(三)』
『夫には 殺し屋なのは内緒です 2』神楽坂淳『夫には 殺し屋なのは内緒です 2』
『かなりあ堂迷鳥草子3 夏塒』
→記事:鳥をめぐる謎を解き、人の心をほぐす、ハートフルミステリー
和久井清水『かなりあ堂迷鳥草子3 夏塒』
『魔眼の光 公家武者信平ことはじめ(十五)』佐々木裕一『魔眼の光 公家武者信平ことはじめ(十五)』
●3月15日発売 法蔵館・法蔵館文庫
『増補 天空の玉座』渡辺信一郎『増補 天空の玉座』
●3月18日発売 集英社・集英社オレンジ文庫
『大江戸恋情本繁昌記 ~天の地本~』
→記事:若手女子編集者がタイムスリップして、江戸でベストセラー
ゆうきりん『大江戸恋情本繁昌記 ~天の地本~』
●3月19日発売 KADOKAWA・角川文庫
『100分間で楽しむ名作小説 曼珠沙華』宮部みゆき『100分間で楽しむ名作小説 曼珠沙華』
●3月19日発売 彩図社・彩図社文庫
『大名廃業』安藤優一郎『大名廃業』
●3月19日発売 山と渓谷社・ヤマケイ文庫
『愛犬王 平岩米吉 「日本を代表する犬奇人」と呼ばれた男』片野ゆか『愛犬王 平岩米吉 「日本を代表する犬奇人」と呼ばれた男』
●3月19日発売 集英社・集英社文庫
『よくわかる一神教 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教から世界史をみる』佐藤賢一『よくわかる一神教 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教から世界史をみる』
『おから猫』
→記事:猫神が人々の願いを叶える、ユーモア連作短編で楽しむ名古屋
西山ガラシャ『おから猫』
●3月19日発売 中央公論新社・中公文庫
『陽炎の旗-続・武王の門』北方謙三『陽炎の旗-続・武王の門』
『ちぎれ雲 一-浮遊の剣』富樫倫太郎『ちぎれ雲 一-浮遊の剣』
『歴史に消えたパトロン-謎の大富豪、赤星鉄馬』与那原恵『歴史に消えたパトロン-謎の大富豪、赤星鉄馬』

↑ 新刊情報Topへ← 2024年3月の新刊 上(1日→10日)2024年3月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2024年3月の新刊情報
単行本★時代小説新刊情報|2024年3月の新刊(1日→末日) 2024年3月1日から3月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書、古典日本文学の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介...