シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

「2024年3月中旬の新刊(文庫)」をアップ

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

『ごんげん長屋つれづれ帖(八) 初春の客』|金子成人|双葉文庫

ごんげん長屋つれづれ帖(八) 初春の客2024年3月11日から3月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2024年3月中旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

今回注目の作品は、金子成人(かねこなりと)さんの文庫書き下ろし時代小説、『ごんげん長屋つれづれ帖(八) 初春の客』です。

著者は「鬼平犯科帳」や「剣客商売」などの人気時代劇の脚本を数多く手掛けてきた名脚本家。2014年に文庫書き下ろしの『付添い屋・六平太』で時代小説デビューするや、一躍人気作家となりました。本書は著者の初めての人情長屋ものです。

根津権現社にほど近い谷中三崎町の寺で、行き倒れの若い女が見つかった。女は激しい折檻を受けていたらしく、医師である白岩道円の屋敷に運び込まれたという。
目明かしの作造から、女がうわ言で、娘のお琴への詫びを口にしていたとの話を聞いたお勝は、女に事情を質すべく、道円の屋敷に足を運ぶのだが――。
くすりと笑えてほろりと泣ける、これぞ人情物の決定版。時代劇の超大物脚本家が贈る、大人気シリーズ第八弾!

(『ごんげん長屋つれづれ帖(八) 初春の客』(双葉文庫)Amazonの内容紹介より)

主人公のお勝は、根津権現門前町にある『ごんげん長屋』に、13歳のお琴、11歳の幸助、8歳のお妙の3人の子供たちと暮らしています。ところが、3人の子らは、いずれも孤児で、血はつながっていません。

質屋『岩木屋』で番頭として働くお勝は、口やかましく、間違ったことにはかみなりを落とすこともありますが、『ごんげん長屋』の住人たちにとっては、温かく頼りになる存在です。

家族の愛や、人の情が恋しくなったとき、本書で癒されます。

前に『ごんげん長屋つれづれ帖(一) かみなりお勝』については、双葉社文芸総合サイト「Colorful(カラフル)」に、その魅力を書かせていただきました。

長屋の人情、親子の情、溢れる情けが胸に沁みる! 数々の名時代劇を手がけた大物脚本家が送る、心温まる人情譚!! 『ごんげん長屋つれづれ帖【一】 かみなりお勝』金子成人|ブックレビュー|COLORFUL
大河ドラマ『義経』など、数々の人気作品を手がけた金子成人氏が送る、根津権現門前町の裏店を舞台にした人情シリーズ第1弾。最新刊の第6弾『菩薩の顔』も大好評の、「ごんげん長屋つれづれ帖」シリーズの魅力とは!?
文庫●2024年3月中旬の新刊情報
時代小説●文庫新刊情報|2024年3月中旬の新刊(11日→20日) 2024年3月11日から3月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。...

■今回ご紹介した本


金子成人|時代小説ガイド
金子成人|かねこなりと|時代小説・作家 1949年、長崎県生まれ。脚本家。 1997年、第16回向田邦子賞を受賞。 2014年、『付添い屋・六平太 龍の巻 留め女』で、時代小説デビュー。 ■時代小説SHOW 投稿記事 八丈島から島抜け。兄を...