人物

人物

この国の礎を築いた、天下の嫌われ者石田三成の生涯を描く

吉川永青(よしかわながはる)さんの長編時代小説、『治部の礎』(講談社文庫)を入手しました。 タイトルから想像がつく通り、治部少輔(じぶのしょうゆう)こと石田三成を描いた戦国時代小説です。 武田信玄配下の戦国最強部隊「赤備え」と赤...
人物

もう一人の近松、浄瑠璃作者近松半二が作り出す虚実の渦

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び|大島真寿美 大島真寿美さんの長編小説、『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』(文藝春秋)を紹介します。 本書は、2019年、第161回直木賞受賞作です。 歌舞伎や人形浄瑠璃(文楽)などの演目、「妹背山婦女庭...
2020.01.28
人物

サムライの時代の終焉に、天はこの男・河井継之助を選んだ

秋山香乃さんの長編歴史時代小説、『龍が哭く 河井継之助』(PHP文芸文庫)を入手しました。 河井継之助(かわいつぎのすけ)は、幕末の越後長岡藩の家老でした。 その半生は、司馬遼太郎さんの『峠』でドラマティックに描かれたことにより、全...
人物

咸宜園塾主で詩人・広瀬旭荘の生き様と夫婦愛を描く

葉室麟さんの長編時代小説、『雨と詩人と落花と』(徳間文庫)を入手しました。 文化二年(1805)に、儒学者で詩人の広瀬淡窓(たんそう)によって天領の豊後国日田に全寮制の私塾・咸宜園(かんぎえん)は創立されました。 本書は、淡窓の弟で...
人物

女子教育の先駆けとなった津田梅子と津田仙の生涯

『梅と水仙』|植松三十里 植松三十里(うえまつみどり)さんの長編小説、『梅と水仙』(PHP研究所)を紹介します。 本書は、新五千円札の肖像に決まり注目される、津田塾大学の創設者津田梅子とその父・仙の波瀾万丈の生涯を描いた歴史時代...
スポンサーリンク