スポンサーリンク

「2022年4月中旬の新刊(文庫)」をアップ

『隠密鑑定秘禄一 退き口』|上田秀人|徳間文庫

隠密鑑定秘禄一 退き口2022年4月11日から4月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2022年4月中旬の新刊(文庫)」を掲載しました

今回は、上田秀人さんの、文庫書き下ろし時代小説、『隠密鑑定秘禄一 退き口』(徳間文庫)を取り上げてみました。

十一代将軍家斉は、御用の間の書棚で不審な書物を発見する。「土芥寇讎記」――諸大名二百数十名の辛辣な評価が記された人事考課表だ。編纂を命じた五代綱吉公は、これをもとに腹心を抜擢したのでは。そう推測した家斉は盤石の政治体制を築くため、綱吉に倣うことを決意する。白羽の矢を立てられたのは小人目付として諸国探索経験のある射貫大伍。命を懸けた至難の隠密調査が始まった!

(『隠密鑑定秘禄一 退き口』(Kindle版)Amazonの内容紹介より)

幕閣のさまざまな権力闘争を題材に、痛快な歴史時代小説を発表してきた著者が、今回、取り上げるのが「土芥寇讎記(どかいこうしゅうき)」のような人事考課表。
十一代将軍家斉がどのように、調査役を決めて、隠密作業を進めさせるのか、設定にリアリティが感じられて、俄然、読みたくなりました。

「土芥寇讎記」は、江戸時代中期の元禄時代に書かれたと考えられている、各藩の藩主や政治状況を解説した本。
この史料をもとに、歴史学者の磯田道史さんは、『殿様の通信簿』という歴史エッセイを発表されています。

文庫●2022年4月中旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2022年4月中旬の新刊(11日→20日) 2022年4月11日から4月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張ってい...

■Amazon.co.jp
『隠密鑑定秘禄一 退き口』(上田秀人・徳間文庫)
『殿様の通信簿』(磯田道史・新潮文庫)

上田秀人|時代小説リスト
上田秀人|うえだひでと|時代小説・作家 1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。 1997年、「身代わり吉右衛門」で、小説CLUB新人賞佳作受賞。 2009年、2014年、「奥右筆秘帳」シリーズで、『この時代小説がすごい!』文庫書き下...