本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!
スポンサーリンク

文庫●2022年4月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2022年4月中旬の新刊(11日→20日)

2022年4月11日から4月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今回は、まずハヤカワ時代ミステリ文庫進藤玄洋さんの『鬼哭の剣』
弘前津軽家の門前に、口に黒百合が押し込まれた死骸が捨て置かれました。和人の謀略で無残な最期を遂げた、シャクシャインの呪いなのか……。シャクシャインは、江戸前期の寛文年間に松前藩に対して蜂起した、アイヌの首長。編集者のお眼鏡にかなった新鋭の作品に期待です。

光文社文庫の新刊も要チェック。

岩井三四二さんの『天命 毛利元就 武略十番勝負』
大内、尼子の二大勢力に翻弄される弱小国人・毛利家の次男に生まれた元就は、兄を亡くし、図らずも大将となりました。自らも九死に一生を得て己の天命を悟った男は、幾度も哀しみから立ち上がり、武略に長けた逞しい武将となっていきます。元就を変えた十の戦いを描いた歴史小説。

谷津矢車さんの『刀と算盤 馬律流青春雙六』
「馬律流」という武術を伝える道場の主人・紗六新右衛門の長屋に「唯力舎」という変わった貼り紙があります。そこでは一瀬唯力という男が経営指南をしてくれるといいいます。唯力と新右衛門とその仲間たちが知恵と勇気を振り絞る、青春時代小説。

徳間文庫から、上田秀人さんの『隠密鑑定秘禄一 退き口』
綱吉時代の大名の評価が書かれた奇書「土芥寇讎記」を発見した将軍家斉は、小人目付、射貫大伍に、綱吉に倣おうと大名の人事考課表を命じました。新シリーズ、開幕。

双葉文庫にも、気になる作品が揃っています。

芝村凉也さんの『北の御番所 反骨日録【四】-狐祝言』
上役に暴言を吐いて謹慎処分を受けた裄沢広二郎。定町廻りのお役を解かれて古巣の用部屋手附同心として復帰しました。そんな裄沢にとっての最大の懸案は、奉行所内での己の処遇などではなく、幼馴染みの同心・来合轟次郎と美也の祝言のことでした。「時代小説SHOW」の2021年文庫書き下ろしランキング第3位のシリーズの第4弾です。

馳月基矢さんの『拙者、妹がおりまして(5)』
龍治に返り討ちに遭い、手負いの吉三郎でしたが、自分と同じく白瀧家に恨みを持つと踏んでおえんに近づき、その長屋に転がり込みました。打算から始まった同居は、しかし徐々に心の変化をもたらし、ある時おえんを襲った身の危険に対して吉三郎は……。夢を持ち、恋に落ち、時に傷つきながら成長する、若者群像を描く第5弾。

鳴神響一さんの『おんな与力 花房英之介【四】』
ある夜、花房英之介は道端で倒れている商家の主人を見つけるが、走り去る武士を捕り逃してしまいます。後日、主人が襲われた商家から、奉公人らが忽然と姿を消したとの噂を聞いた英之介は探索を始めます。しかし、裏には思いもよらぬ人物の暗躍が……。
新米与力をつとめる英之介の正体は、死んだ兄に成り代わり男として生きる花房志乃。おんな与力が華麗に悪を斬る、書き下ろしシリーズの最終巻となります。

蓮生あまね(はすおあまね)さんの『鬼女の顔』
能面打ち師が拾ってきた顔に傷がある女。その女の素性を調べていくと、京の都に巣くう「鬼」の姿が浮かび上がる表題作。応仁の乱前夜の京の都で観世座の能楽師と訳ありの弟子が人々の心に棲む鬼が起こした難事件に立ち向かう連作集、2014年、36回小説推理新人賞受賞作。単行本『去にし時よりの訪人』を改題して文庫化。

時代小説文庫から、坂井希久子さんの『萩の餅 花暦 居酒屋ぜんや』が出ます。
早い出世を同僚に妬まれている熊吉。養い子故に色々なことを我慢してしまうお花。二人を襲う様々な試練。心をほっと温め、そっと背中を押してくれるような、江戸の色とりどりの料理たちと健気な二人の奮闘に心満たされる人情時代小説、第2弾。

講談社文庫では、風野真知雄さんの『潜入 味見方同心(四) 謎の伊賀忍者料理』
毒殺の恐れがある中、将軍が城を出て、寛永寺で昼食をとる日がやってきました。不測の事態が起きれば味見方の魚之進は切腹必至です。女中が酒をこぼしてばかりの料亭の「こぼし飯」ほか、ユニークな料理が登場するシリーズ第4弾。

中公文庫の新刊では、吉川永青さんの『賤ヶ岳の鬼』が楽しみです。
柴田勝家の甥にして、鬼玄蕃の異名を持つ猛将・佐久間盛政。戦に幾度敗れても折れぬこの男を、信長は「諦めの悪い奴」と称しました。「戦国一諦めの悪い男」の鮮烈なる生き様を描く戦国歴史小説です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●4月11日発売 早川書房・ハヤカワ時代ミステリ文庫
『鬼哭の剣』
→記事:シャクシャインの呪いと、二人の小野派一刀流の遣い手の物語
進藤玄洋『鬼哭の剣』
●4月11日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『スパイス戦争 ――大航海時代の冒険者たち』ジャイルズ・ミルトン『スパイス戦争 ――大航海時代の冒険者たち』
●4月11日発売 講談社・講談社文芸文庫
『〈世界史〉の哲学 1 古代篇』大澤真幸『〈世界史〉の哲学 1 古代篇』
●4月12日発売 光文社・光文社文庫
『天命 毛利元就 武略十番勝負』岩井三四二『天命 毛利元就 武略十番勝負』
『吉原裏同心 流離 決定版』佐伯泰英『吉原裏同心 流離 決定版』
『吉原裏同心 足抜 決定版』佐伯泰英『吉原裏同心 足抜 決定版』
『継承 鬼役(三十二)』坂岡真『継承 鬼役(三十二)』
『刀と算盤 馬律流青春雙六』谷津矢車『刀と算盤 馬律流青春雙六』
●4月13日発売 徳間書店・徳間文庫
『隠密鑑定秘禄一 退き口』
→記事:「2022年4月中旬の新刊(文庫)」をアップ
上田秀人『隠密鑑定秘禄一 退き口』
●4月14日発売 講談社・講談社学術文庫
『攘夷の幕末史』町田明広『攘夷の幕末史』
●4月14日発売 双葉社・双葉文庫
『新・浪人若さま 新見左近【十】-嗣縁の禍』佐々木裕一『新・浪人若さま 新見左近【十】-嗣縁の禍』
『照れ降れ長屋風聞帖〈十八〉-まだら雪〈新装版〉』坂岡真『照れ降れ長屋風聞帖〈十八〉-まだら雪〈新装版〉』
『北の御番所 反骨日録【四】-狐祝言』
→記事:賂、嫉妬、罠、足の引っ張り合い、奉行所には危険がいっぱい
芝村凉也『北の御番所 反骨日録【四】-狐祝言』
『拙者、妹がおりまして(5)』
→記事:おえんと吉三郎、傷ついた二人。千紘と龍治、勇実の前に現る
馳月基矢『拙者、妹がおりまして(5)』
『おんな与力 花房英之介【四】』
→記事:乙女心を隠して、女武芸者に扮して華麗に悪を討つ美男与力
鳴神響一『おんな与力 花房英之介【四】』
『鬼女の顔』
→記事:観世流の天才能楽師と訳ありの弟子が怪事件に挑む室町ロマン
蓮生あまね『鬼女の顔』
●4月15日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『晴明の事件帖 賀茂祭と道真の怨霊』遠藤遼『晴明の事件帖 賀茂祭と道真の怨霊』
●4月15日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『口福の祝い笹寿司 はるの味だより』佐々木禎子『口福の祝い笹寿司 はるの味だより』
『萩の餅 花暦 居酒屋ぜんや』
→記事:お花のはじめての喧嘩と、手代熊吉の新薬売り込み奮闘記
坂井希久子『萩の餅 花暦 居酒屋ぜんや』
『ずんだと神様 一膳めし屋丸九(七)』中島久枝『ずんだと神様 一膳めし屋丸九(七)』
●4月15日発売 講談社・講談社タイガ
『唐国の検屍乙女』小島環『唐国の検屍乙女』
●4月15日発売 講談社・講談社文庫
『歴史とは靴である』磯田道史『歴史とは靴である』
『黄泉の女 公家武者信平ことはじめ(八)』佐々木裕一『黄泉の女 公家武者信平ことはじめ(八)』
『焦土の刑事』堂場瞬一『焦土の刑事』
『潜入 味見方同心(四) 謎の伊賀忍者料理』風野真知雄『潜入 味見方同心(四) 謎の伊賀忍者料理』
『髪追い 古道具屋 皆塵堂』輪渡颯介『髪追い 古道具屋 皆塵堂』
●4月15日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『一目惚れ 風烈廻り与力・青柳剣一郎』小杉健治『一目惚れ 風烈廻り与力・青柳剣一郎』
『奥傳 夢千鳥(上) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』門田泰明『奥傳 夢千鳥(上) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』
『奥傳 夢千鳥(下) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』門田泰明『奥傳 夢千鳥(下) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』
●4月19日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵2022.5』
→記事:『文蔵2022.5』特集は「ヘタレ」な主人公が愛おしい
「文蔵」編集部編集『文蔵2022.5』
●4月20日発売 中央公論新社・中公文庫
『賤ヶ岳の鬼』吉川永青『賤ヶ岳の鬼』
『新装版 マンガ日本の歴史25-大日本帝国の成立』石ノ森章太郎『新装版 マンガ日本の歴史25-大日本帝国の成立』

↑ 新刊情報Topへ← 2022年4月の新刊 上(1日→10日)2022年4月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2022年4月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2022年4月の新刊(1日→末日) 2022年4月1日から4月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...