2022-05

スポンサーリンク
女性

「2022年6月上旬の新刊(文庫)」をアップ

『仕立屋お竜』|岡本さとる|文春文庫 2022年6月1日から6月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2022年6月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました 今回は、文春文庫から刊行される、岡本さとるさんの文庫書き下...
ユーモア

天一坊は将軍の子か? 富士乃湯に関係者が全員集合の最終巻

『いい湯じゃのう(三) ご落胤の真相』|風野真知雄|PHP文芸文庫 風野真知雄の時代小説、『いい湯じゃのう(三) ご落胤の真相』(PHP文芸文庫)を紹介します。 肩凝りに悩まされる将軍徳川吉宗が、目安箱への投書をきっかけに、江戸市中...
江戸

時代小説の舞台、江戸の川の関所。中川船番所資料館を訪ねて

月の晴れたある日、江東区大島にある中川船番所資料館を訪れました。 小名木川は、徳川家康が最初に開削した運河で、隅田川と中川をつなぐ、幕府にとって重要な水路でした。 正保四年(1647)に小名木川の西端、隅田川口にあった深川番所が...
単行本

徳川幕府黎明期のマカオ。二人の少年の数奇な運命を描く

『南蛮の絆 多聞と龍之進』|大村友貴美|双葉社 大村友貴美(おおむらゆきみ)さんの長編歴史時代小説、『南蛮の絆 多聞と龍之進』(双葉社)を紹介します。 著者は、2007年「首挽村の殺人」で第27回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー...
単行本

しのぎを削る若き棋士たちの対局と青春を描く、将棋時代小説

『桎梏の雪』|仲村燈|講談社 仲村燈(なかむらとう)さんの長編時代小説、『桎梏の雪』(講談社)を紹介します。 著者は、2021年、本作で第15回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞しデビューを果たした期待の新鋭です。 タイトルの「桎梏(...