忍者・忍び

伝奇

山の者vs.武田、上杉、北条忍びの壮絶バトルロイヤル

長谷川卓(はせがわたく)さんの伝奇大河ロマン、『嶽神伝 風花(上)(下)(がくじんでん かざはな)』(講談社文庫)を入手しました。 戦国時代の甲斐から信州に暮らす、「山の者」が生きて死んでいく、著者のライフワークである、伝奇大河ロマン...
人物

池波正太郎さんが描く、明智光秀の世界が面白い

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」で、斎藤道三の娘、帰蝶(濃姫)(後の織田信長の正妻)役を演じるはずの女優が麻薬取締法違反容疑で逮捕されてしまいました。ドラマで重要な役割を演じることが期待されていただけに残念です。 さて、2019年1...
伝奇

「2019年10月の新刊 中」をアップ

2019年10月11日から10月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2019年10月の新刊 中」を掲載しました。 今回は、講談社文庫から刊行される、長谷川卓(はせがわたく)さんの長編伝奇時代小説『嶽神伝 風花 (上...
伝奇

浅井家の幼い姫を巡り、忍びたちが躍動する、戦国冒険小説

稲葉博一(いなばひろいち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『影がゆく』(ハヤカワ時代ミステリ文庫)を紹介します。 本書は、ハヤカワ時代ミステリ文庫の創刊3タイトルの一冊。日本の戦国時代に舞台を移していますが、早川書房が得意としている海外...
忍者・忍び

間者から見た信長

岡田秀文さんの『最後の間者』を読み始めた。織田信長の安土時代を舞台にした戦国時代小説である。 最後の間者 (時代小説文庫) 作者: 岡田秀文 出版社/メーカー: 角川春樹事務所 発売日: 2006/08/01 メディア: 文庫 ...
スポンサーリンク