2020年文庫書き下ろし時代小説ベスト10、公開

「2020年11月の新刊(単行本)」をアップ

『伊達女』|PHP研究所

伊達女2020年11月1日から11月30日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年11月の新刊(単行本)」を掲載しました。

今月は、PHP研究所から刊行される、佐藤巖太郎(さとうがんたろう)さんの『伊達女(だておんな)』を紹介します。

2017年、『会津執権の栄誉』で第157回直木賞候補になり注目される、著者の最新刊です。

心に鬼を棲まわせた“独眼竜”政宗の周囲には、かくも、たくましく、そしてたおやかな女性たちがいた――。
我が子に毒を盛ったとされる母・義姫、影ながら夫を支え続けた妻・愛姫、片倉小十郎の姉で政宗を育てた喜多、松平忠輝に嫁いだ娘・五郎八姫、そして真田信繁(幸村)の娘・阿梅……伊達の女性を主人公にした連作短編集。

伊達政宗の言動等から生まれたとされる「伊達男」。伊達といえば、男ぶりばかりが注目されるが、実は女性こそが素晴らしかった!
各短編で描かれる五人の女性の生き様を通して、伊達政宗の真の姿も浮かび上がってくる。
(Amazon内容紹介より)

NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」を夢中になって見ていた一人として、愛姫や喜多など伊達家の女性たちには思い入れがあります。

物語を通して、たくましくも、たおやか、戦国の女たちの凛とした生き様に触れてみたいと思います。

単行本★2020年11月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2020年11月の新刊(1日→末) 2020年11月1日から11月30日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ペ...

■Amazon.co.jp
『伊達女』(佐藤巖太郎・PHP研究所)
『会津執権の栄誉』(佐藤巖太郎・文春文庫)

佐藤巖太郎|時代小説ガイド
佐藤巖太郎|さとうがんたろう|時代小説・作家 1962年、福島県生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。 2011年、「夢幻の扉」で第91回オール讀物新人賞を受賞してデビュー。 2016年、「啄木鳥」で第1回決戦! 小説大賞を受賞。 ...