戦国

スポンサーリンク
ミステリー

「2020年9月下旬の新刊(文庫)」をアップ

『信長の原理 上』|角川文庫 2020年9月21日から9月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年9月下旬の新刊(文庫)」を掲載しました。 今回は、垣根涼介さんの『信長の原理 上』『信長の原理 下』(角川文...
単行本

第26回中山義秀文学賞候補作決定。11月に公開最終選考会

9月14日(月)、第26回中山義秀文学賞(主催:中山義秀顕彰会、共催:白河市および中山義秀記念文学館)の第二次選考会において、最終候補3作品が決定しました。 今村翔吾さんの『八本目の槍』(新潮社)、木下昌輝さんの『まむし三代記』(朝日...
人物

若き日の信長のライバルで理解者、実弟織田信行の真実

『信長を生んだ男』 霧島兵庫(きりしまひょうご)さんの長編歴史時代小説、『信長を生んだ男』(新潮文庫)を入手しました。 安倍首相の後継を決める、自民党総裁選の立候補者の顔ぶれを、戦国時代に置き換えるとどういうことなのか、妄想をが膨ら...
人物

義昭か、信長か。本能寺の変の10年前の、光秀の選択とは

『光秀の選択』 鈴木輝一郎さんの長編歴史小説、『光秀の選択』(毎日新聞出版)を入手しました。 大河ドラマ「麒麟がくる」のおかげで、明智光秀を描く歴史時代小説が多く刊行されて、時代小説ファンとしては、喜ばしいばかりです。 光秀本...
人物

戦国大友家を揺るがす御家騒動と重臣吉弘兄弟の義と愛を描く

『大友二階崩れ』 赤神諒(あかがみりょう)さんの長編歴史小説、『大友二階崩れ』(講談社文庫)を入手しました。 著者は、法学博士、弁護士で、上智大学教授のかたわら、2017年に「義と愛と」(単行本刊行時に『大友二階崩れ』に改題)で、第...
2020.08.22