単行本★2020年11月の新刊

単行本★時代小説新刊情報|2020年11月の新刊(1日→末)

2020年11月1日から11月30日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

青山文平さんの『江戸染まぬ』
隠居の祖父に負けた、粋がる旗本の次男坊をはじめ、江戸に生きる人々が織りなす鮮やかな人生を切り取った、時代小説短編7編を収録。

佐藤巖太郎さんの『伊達女』
『会津執権の栄誉』で注目される著者の連作短編集。我が子に毒を盛ったとされる母・義姫、影ながら夫を支え続けた妻・愛姫、松平忠輝に嫁いだ娘・五郎八姫、そして真田信繁の娘・阿梅……伊達家の女性たちを描きます。

奥山景布子さんの『浄土双六』
くじ引きで将軍になった男、銭で乱世を動かす女、育てた子に抱かれる乳母。現世に惑い浄土を求める、人間模様を描く短編六編を収録。

風野真知雄さんの『お龍のいない夜』
龍馬の激動の人生に、お龍はどう絡んでいったのでしょうか。妻・お龍との愛を軸に描く新時代の龍馬伝。

北方謙三さんの『チンギス紀 九 日輪』
モンゴル族を統一したテムジンは、ついに〈チンギス・カン〉を名乗ります。テムジンは、ケレイト王国を滅ぼしナイマン王国との戦いに進みます。

松下隆一さんの『羅城門に啼く』
「第一回京都文学賞」受賞作。疫病が猛威をふるい、死臭にむせかえる平安朝の洛中で、盗みと殺しに明け暮れる若者がいました……。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●11月1日発売 扶桑社・扶桑社新書
『歴史のIF(もしも)』本郷和人『歴史のIF(もしも)』
●11月1日発売 祥伝社
『本能寺の変 信長の誤算』井上慶雪『本能寺の変 信長の誤算』
●11月1日発売 捕物出版
『若さま侍捕物手帖 第二十二巻 おきん狐』城昌幸『若さま侍捕物手帖 第二十二巻 おきん狐』
●11月5日発売 中央公論新社
『江戸五百藩-ご当地藩のすべてがわかる (ムック)』
→記事:江戸504藩のエピソード&データで、知的好奇心を満たす
中央公論新社『江戸五百藩-ご当地藩のすべてがわかる (ムック)』
『戦国争乱-「桶狭間の戦い」から「大坂の陣」まで (ムック)』中央公論新社『戦国争乱-「桶狭間の戦い」から「大坂の陣」まで (ムック)』
●11月5日発売 文藝春秋
『江戸染まぬ』青山文平『江戸染まぬ』
●11月5日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(6) 2020年 11/12 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(6) 2020年 11/12 号』
●11月6日発売 PHP研究所
『伊達女』
→記事:「2020年11月の新刊(単行本)」をアップ
→記事:独眼竜・伊達政宗をめぐる5人の女たちの生き様を描く短編集
佐藤巖太郎『伊達女』
●11月6日発売 講談社・講談社ノベルス
『古事記異聞 鬼統べる国、大和出雲』高田崇史『古事記異聞 鬼統べる国、大和出雲』
●11月6日発売 中央公論新社
『ワイド版 マンガ日本の古典10-平家物語 上』横山光輝『ワイド版 マンガ日本の古典10-平家物語 上』
『ワイド版 マンガ日本の古典11-平家物語 中』横山光輝『ワイド版 マンガ日本の古典11-平家物語 中』
『ワイド版 マンガ日本の古典12-平家物語 下』横山光輝『ワイド版 マンガ日本の古典12-平家物語 下』
『ワイド版 マンガ日本の古典13-とはずがたり』いがらしゆみこ『ワイド版 マンガ日本の古典13-とはずがたり』
●11月6日発売 中央公論新社・中公新書ラクレ
『その日なぜ信長は本能寺に泊まっていたのか-史談と奇譚』中村彰彦『その日なぜ信長は本能寺に泊まっていたのか-史談と奇譚』
●11月6日発売 朝日新聞出版・朝日新書
『歴史道 Vol.12 (週刊朝日ムック)』朝日新聞出版編『歴史道 Vol.12 (週刊朝日ムック)』
●11月6日発売 文学通信
『日本の歴史を原点から探る: 地域資料との出会い』地方史研究協議会編『日本の歴史を原点から探る: 地域資料との出会い』
●11月11日発売 講談社
『攫い鬼 怪談飯屋古狸』輪渡颯介『攫い鬼 怪談飯屋古狸』
●11月12日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(7) 2020年 11/19 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(7) 2020年 11/19 号』
●11月13日発売 朝日新聞出版・朝日新書
『坂本龍馬と高杉晋作 「幕末志士の実像」と虚像』一坂太郎『坂本龍馬と高杉晋作 「幕末志士の実像」と虚像』
●11月16日発売 春陽堂書店
『完本 人形佐七捕物帳 六』横溝正史『完本 人形佐七捕物帳 六』
●11月16日発売 平凡社・平凡社新書
『渋沢栄一: 変わり身の早さと未来を見抜く眼力』橘木俊詔『渋沢栄一: 変わり身の早さと未来を見抜く眼力』
●11月17日発売 鴎出版
『鴎外 わが青春のドイツ』金子幸代『鴎外 わが青春のドイツ』
●11月17日発売 小学館
『教えてコバチュウ先生! 琳派超入門』小林忠『教えてコバチュウ先生! 琳派超入門』
●11月17日発売 アントレックス・surprisebook
『暗殺に隠された日本史』渡辺敏樹『暗殺に隠された日本史』
●11月18日発売 講談社
『京都四条 月岡サヨの小鍋茶屋』柏井壽『京都四条 月岡サヨの小鍋茶屋』
●11月19日発売 河出書房新社・KAWADE夢新書
『日本人にとって干支とは何か: 東洋の科学「十干・干支」の謎を解く』武光誠『日本人にとって干支とは何か: 東洋の科学「十干・干支」の謎を解く』
●11月19日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(8) 2020年 11/26 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(8) 2020年 11/26 号』
●11月20日発売 KADOKAWA
『お金の日本史 和同開珎から渋沢栄一まで』井沢元彦『お金の日本史 和同開珎から渋沢栄一まで』
●11月20日発売 中央公論新社・中公新書
『もののけの日本史-死霊、幽霊、妖怪の1000年』小山聡子『もののけの日本史-死霊、幽霊、妖怪の1000年』
『暗殺の幕末維新史-桜田門外の変から大久保利通暗殺まで』一坂太郎『暗殺の幕末維新史-桜田門外の変から大久保利通暗殺まで』
『板垣退助-自由民権指導者の実像』中元崇智『板垣退助-自由民権指導者の実像』
●11月20日発売 文藝春秋
『浄土双六』奥山景布子『浄土双六』
●11月20日発売 朝日新聞出版
『戦国最強武将へタイムワープ (歴史漫画タイムワープシリーズ)』チーム・ガリレオ『戦国最強武将へタイムワープ (歴史漫画タイムワープシリーズ)』
●11月20日発売 捕物出版
『江戸黒絵図(上巻)』佐賀潜『江戸黒絵図(上巻)』
●11月24日発売 大垣書店
『蜂須賀一族 天に庫する人』川溿風花『蜂須賀一族 天に庫する人』
●11月24日発売 出版芸術社
『妖しい刀剣 鬼を斬る刀』東郷隆『妖しい刀剣 鬼を斬る刀』
●11月25日発売 小学館
『お龍のいない夜』風野真知雄『お龍のいない夜』
●11月26日発売 集英社
『チンギス紀 九 日輪』北方謙三『チンギス紀 九 日輪』
●11月26日発売 新潮社
『羅城門に啼く』松下隆一『羅城門に啼く』
●11月26日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(9) 2020年 12/3 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(9) 2020年 12/3 号』
●11月26日発売 静岡新聞社
『小説ハ・ク・ス・キ・ノ・エ』村上光『小説ハ・ク・ス・キ・ノ・エ』
●11月27日発売 KADOKAWA
『新版 古代史の基礎知識』吉村武彦編『新版 古代史の基礎知識』
●11月30日発売 致知出版社
『親子で読み継ぐ万葉集』小柳左門、白駒妃登美『親子で読み継ぐ万葉集』
●11月30日発売 彩図社
『大名格差~江戸三百藩のリアル~』
→記事:様々な基準で格付けされた大名のリアル。殿様も楽じゃない!
安藤優一郎『大名格差~江戸三百藩のリアル~』

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2020年10月の新刊(単行本)2020年12月の新刊 →

文庫●2020年11月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2020年11月上旬の新刊(1日→10日) 2020年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張って...