『文蔵 2020.9』のブックガイドは、五感で感じる「旅小説」

『文蔵 2020.9』『文蔵 2020.9』(PHP研究所・PHP文芸文庫)のブックガイドは、読むだけで楽しい、美しい、美味しい! 五感で感じる「旅小説」 です。

ブックガイドでは、書評家の大矢博子さんが、「辿る、出会う、味わう 旅の醍醐味」「逃げる、欧、探す、旅のミッション」「昔の人も、旅をした」「さらに広い世界へ海外の旅」と4つの章立てで、おすすめの「旅小説」を紹介しています。

時代小説好きの読者向けには、「昔の人も、旅をした」のテーマで、伊勢参りを描いた時代小説4編に加え、浅田次郎さんの江戸ロードノベル2編など、マストリードな作品を取り上げています。

新型コロナウイルスの影響下で、様々な生活スタイルが変わる中で、旅行の在り方も変わっています。そんな今だからこそ、小説の中で、主人公とともに行動したり、妄想を膨らませたり、旅のもつ非日常性やワクワク感を味わってみたくなります。

⇒『文蔵』ホームページ

■Amazon.co.jp
『文蔵 2020.9』(PHP文芸文庫)

「文蔵」編集部|バックナンバーガイド
「文蔵」編集部|ぶんぞうへんしゅうぶ ■時代小説SHOW 投稿記事 『文...