2025年大河ドラマ「べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~」で注目。蔦屋重三郎が登場する時代小説は?

2020-09

人物

「2020年10月上旬の新刊(文庫)」をアップ

『おもちゃ絵芳藤』|文春文庫2020年10月1日から10月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年10月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました。今回は、谷津矢車さんの『おもちゃ絵芳藤』(文春文庫)を取り上げます。著者は...
ミステリー

まだらの腰紐? 江戸のシャーロック・ホームズ、見参!

『目利きの芳斎1 二階の先生』井伊和継(いいかずつぐ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『目利きの芳斎1 二階の先生』(二見時代小説文庫)を入手しました。本書の著者紹介には、出生年や出身地、最終学歴などのプロフィールは書かれておりませんが、ベテ...
作家

気鋭の歴史時代作家10人が、戦国静岡の城を巡る短編で競演

『アンソロジーしずおか 戦国の城』歴史・時代小説作家の団体、操觚の会(そうこのかい)の選抜メンバーによる歴史・時代小説アンソロジー、『アンソロジーしずおか 戦国の城』(静岡新聞社)を入手しました。操觚の会は、2016年6月に商業作家による歴...
ユーモア

明治の文明開化の世の中で奮闘する、国芳の娘と弟子たち

『ニッポンチ!国芳一門明治浮世絵草紙』10月30日(金)発売予定の、河治和香(かわじわか)さんの歴史時代小説、『ニッポンチ!国芳一門明治浮世絵草紙』(小学館)のバウンド・プルーフをいただきしました。耳慣れない言葉ですが、バウンド・プルーフ(...
人物

禅僧・夢窓疎石の教えと「太平記」の世界を読み解く歴史小説

『夢窓(むそう)』服部真澄さんの長編歴史小説、『夢窓』(PHP研究所)を入手しました。鎌倉から南北朝時代の禅僧、夢窓疎石の生涯を描いた歴史小説。夢窓は、後醍醐天皇や足利尊氏、直義兄弟に崇敬された禅僧で、西芳寺や天龍寺の庭園の作庭をしたことで...