「2020年7月上旬の新刊(文庫)」をアップ

『はぐれ火盗改 松平左金吾 怪盗かまいたちの謎』|PHP文芸文庫

はぐれ火盗改 松平左金吾 怪盗かまいたちの謎2020年7月1日から7月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年7月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

今回は、PHP文芸文庫から刊行される、麻倉一矢さんの文庫書き下ろし時代小説『はぐれ火盗改 松平左金吾 怪盗かまいたちの謎』を取り上げます。

直心影流免許皆伝の腕を持ち、気さくで誰からも好かれる快男児、松平左金吾。しかしそれ以外はからっきしの「昼行燈」と評されていた。そんな彼が、伯父の老中松平定信と将軍徳川家斉に見込まれ、火盗改補佐役に任命されてしまう。しかも上役は、あの「鬼平」として知られる長谷川平蔵。折しも、謎の女火付けと、かまいたちと名乗る怪盗団が江戸を賑わせていた。
笑いあり涙ありの痛快時代大活劇!
(Amazonの内容紹介より)

松平左金吾(定寅)は同時期に火付盗賊改方加役(助役)をつとめていたことから、「鬼平」こと、長谷川平蔵宣以をライバル視していたことで知られる実在の幕臣です。

伯父で老中の松平定信が平蔵宣以を嫌っており、左金吾を火付盗賊改方加役(助役)に起用したといわれています。

「鬼平」ファンには、ちょっと嫌な奴ということになりますが、逢坂剛さんの『重蔵始末』では、別なふうに描かれていてなかなか興味深い人物です。

文庫●2020年7月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2020年7月上旬の新刊(1日→10日) 2020年7月1日から7月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています...

■Amazon.co.jp
『はぐれ火盗改 松平左金吾 怪盗かまいたちの謎』(麻倉一矢・PHP文芸文庫)
『重蔵始末』(逢坂剛・講談社文庫)

麻倉一矢|時代小説ガイド
麻倉一矢|あさくらかずや|時代小説・作家 ■時代小説SHOW 投稿記事 「2017年7月の新刊 上」をアップ|『女帝の密偵 雅や京ノ介』  2017年7月1日 幸村の末裔が名刀・大倶利伽羅広光を巡る事件に巻き込まれる|『...