「2020年7月の新刊(単行本)」をアップ

女だてら2020年7月1日から7月31日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年7月の新刊(単行本)」を掲載しました。

今月は、KADOKAWAから刊行される、諸田玲子さんの『女だてら』を紹介します。

本書の紹介によると、男装の麗人として名高い、漢詩人・原采蘋(はらさいひん)の生涯を描く時代ミステリだそうです。

采蘋は、江馬細香(頼山陽の愛人)・梁川紅蘭(梁川星巌の妻)らと並んで、江戸後期の女性漢詩人の代表的人物。

文政11年、筑前秋月藩の漢詩人・原古処の娘みちは、秋月黒田家の嫡子の急死の報を受け、密命を帯びて若い侍に姿を変えた。錯綜する思惑に陰謀、漢詩に隠された謎。彼女は変装術と機転を武器に、危機を切り抜ける。
(Amazon内容紹介より)

当時、女性が単身で旅行することは制度上も安全上も困難だったため、男装・帯刀して行動したといいます。

『奸婦にあらず』のように、ヒロインの行動と愛を、歴史上の事件や出来事に絡めてスリリングに描くことで定評がある著者が、本書で男装の女性漢詩人・原采蘋をどのように描くのか、興味津々です。

単行本★2020年7月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2020年7月の新刊(1日→末) 2020年7月1日から7月31日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...

■Amazon.co.jp
『女だてら』(諸田玲子・KADOKAWA)
『奸婦にあらず』Kindle版(諸田玲子・文春文庫)

諸田玲子|時代小説ガイド
諸田玲子|もろたれいこ|時代小説・作家 静岡県生まれ。上智大学文学部英文科卒。外資系企業を経て、翻訳・作家活動に入る。 1996年、『眩惑』でデビュー。 2003年、『其の一日』で第24回吉川英治文学新人賞受賞。 2007年、『奸...