第10回(2021年度)歴史時代作家協会賞、候補作品発表

『へんぶつ侍、江戸を走る』6月26日(土)、「日本歴史時代作家協会 公式ブログ」にて、第10回歴史時代作家協会賞(日本歴史時代作家協会主催)の各賞の候補作品が発表されました。

日本歴史時代作家協会は、歴史時代小説を書く作家、時代物イラストレーター、時代物記事を書くライター、研究者などが集う会です。

日本歴史時代作家協会 Japan historical writing association JHWA
日本歴史時代作家協会の公式ホームページです。

デビューから3年以内の作家で、2020年6月から2021年5月まで刊行の作品を対象に候補作品が選ばれました。
発表された新人賞の候補作は、以下の通りです。

●文庫書き下ろし新人賞
櫻部由美子さん 『くら姫 出直し神社たね銭貸し』(ハルキ文庫)
鷹山悠さん 『隠れ町飛脚 三十日屋』(ポプラ文庫)

●新人賞(単行本作品が対象)
亀泉きょうさん『へんぶつ侍、江戸を走る』(小学館)
渋谷雅一さん 『質草女房』(角川春樹事務所)
蝉谷めぐ実さん 『化け者心中』(KADOKAWA)
谷治宇さん 『へんこつ』(集英社)

『くら姫 出直し神社たね銭貸し』

「日本歴史時代作家協会 公式ブログ」では、ほかに作品賞候補の5作品が発表されています。
要チェックです。

選考会は20210年8月9日に行われ、シリーズ賞、功労賞もその時発表されるそうです。

歴史・時代小説のプロたちが選ぶ、候補作品を見て、既に読んで推しのものもあれば、気になりながらも読み逃しているものもありました。
受賞作品を予想しながら、未読の作品をこの機会に読んでみたいと思います。

■Amazon.co.jp
『隠れ町飛脚 三十日屋』(鷹山悠・ポプラ文庫)
『くら姫 出直し神社たね銭貸し』(櫻部由美子・ハルキ文庫)

『へんぶつ侍、江戸を走る』(亀泉きょう・小学館)
『質草女房』(渋谷雅一・角川春樹事務所)
『化け者心中』(蝉谷めぐ実・KADOKAWA)
『へんこつ』(谷治宇・集英社)

出典:第10回歴史時代作家協会賞 候補作について|日本歴史時代作家協会 公式ブログより