島原の乱に由来する《金の鍔》をめぐる美剣士たちの活躍

黄金の剣士 島原異聞近藤五郎さんの『黄金の剣士 島原異聞』が白泉社招き猫文庫より刊行されました。

江戸にでてきたばかりの剣士・十束輝之丞は謎の侍たちに襲われる。島原の乱に由来する先祖の悲願を達成するため、輝之丞は身体に不思議な刻印をもつ仲間たちとともに悪に挑む。切支丹の《金の鍔》の秘密とは? 謎を解き明かすために、美剣士たちが助け合って駆け巡る超時代活劇。

作者の近藤さんは、幕末の大坂商人を描いた、デビュー作『なにわ万華鏡 堂島商人控え書』(富士見新時代小説文庫)で注目される新進の時代小説家です。今回は、島原の乱で没落した主家の再興を心願とする、若者たちが躍動する大江戸活劇を楽しみたいと思います。

■Amazon.co.jp
『黄金の剣士 島原異聞』

黄金の剣士 島原異聞|白泉社招き猫文庫