2016-02

新刊情報

「2016年3月の新刊 上」をアップ

2016年3月1日から3月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2016年3月の新刊 上」を掲載しました。 今回の注目しているのは、文春文庫の新刊です。あさのあつこさんの『もう一枝あれかし』が文庫で刊行されます。 ...
ブックガイド

子供たちの転機と成長を見守る「髪結い伊三次」シリーズ13作目

2015年11月7日に、乳がんのため亡くなられた、宇江佐真理さん。『髪結い伊三次捕物余話 名もなき日々を』(文春文庫)は、作者の代表作であり、大人気シリーズの第13作目です。 絵師を目指す伊三次の息子・伊与太は師匠歌川豊光が亡くなった...
ブックガイド

江戸の新聞記者・新平太が活躍する、新感覚時代ミステリー

『矢立屋新平太版木帳』(徳間文庫)は、映画「武士の家計簿」の脚本を手掛けた、柏田道夫(かしわだみちお)さんの文庫書き下ろし時代小説です。 かわら版は江戸時代の新聞であり、その記者を当時は矢立屋(やたてや)と呼んだ。寺子屋師範の柿江新平...
新刊情報

凄惨な事件、息子の無実を信じる母と女たち。松本清張賞作家の最新作

松本清張賞作家の山口恵以子(やまぐちえいこ)さんの最新時代小説『風待心中』(PHP研究所)が単行本で刊行されました。 早くに夫を亡くし、仕立物で生計を立てるおせいの生き甲斐は、“鳶が鷹を生んだような”息子の真吉。将来を嘱望される蘭方医...
読み物

京都生まれ京都育ち、時代小説家澤田瞳子さんが教える京都の姿

『京都はんなり暮らし』(徳間文庫)は、注目の新進時代小説家の澤田瞳子さんによる、京都の暮らしをテーマにしたエッセイ集です。 京都の和菓子と一口に言っても、お餅屋・お菓子屋と呼び方を変えているのをご存知ですか? 『枕草子』『平家物語』な...