2016-02-08

ブックガイド

童子姿の齢六百二歳のあやかしが、日本橋小町娘と事件を解決

森山茂里(もりやましげり)さんの『犬神の弟子』(白泉社招き猫文庫)は、白児(しらちご)という童子姿のあやかしが活躍するファンタジー時代小説。 白児は、髪を頭の両脇で角髪(みずら)に結って、白い水干狩衣をきた童子姿をしているが、実は齢六...
Twitter

2016年02月08日のツイート

@jidaishow: 童子姿の齢六百二歳のあやかしが、日本橋小町娘と事件を解決! 森山茂里さんの『犬神の弟子』 URL @jidaishowさんから 2016-02-08 22:25:37 via Twitter Web Cl...