2016-01-13

ブックガイド

相撲まで取る“算盤侍”の優しさと強さが心に沁みる

辻堂魁さんの『秋しぐれ 風の市兵衛』。本作はシリーズ14作目になります。 廃業した相撲取り・鬼一磯之助がひっそりと江戸に戻ってきた、かつて土俵の鬼と呼ばれ、大関昇進を目前にした人気者だったが、やくざとの喧嘩のとばっちりで江戸払いとされ...
2016.01.14
Twitter

2016年01月13日のツイート

@jidaishow: 薬草園で働く女薬師が、人の悩みを解きほぐす京都時代小説。澤田瞳子さんの『ふたり女房 京都鷹ヶ峰御薬園日録』 URL @jidaishowさんから 2016-01-13 00:13:42 via Twitt...
スポンサーリンク