シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

「2023年11月下旬の新刊(文庫)」をアップ

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

『お葉の医心帖』|有馬美季子|角川文庫

お葉の医心帖2023年11月21日から11月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2023年11月下旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

今月注目しているのは、角川文庫から刊行される、有馬美季子(ありまみきこ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『お葉の医心帖』です。

著者は、2016年に料理時代小説の『縄のれん福寿 細腕お園美味草紙』で時代小説デビューし、その後、「はないちもんめ」シリーズ、「はたご雪月花」シリーズで、2021年に第10回日本歴史時代作家協会賞の文庫シリーズ賞を受賞しました。
食やおもてなしをテーマにした文庫書き下ろしシリーズを中心に活躍されています。

「お父つぁん、おっ母さん、もうすぐ私もいくからね」
流行り病で両親を亡くし、奉公先のいじめに耐えきれず、川に身を投げたお葉。だが、気づくと町医者・道庵のもとで親身な介抱を受けていた。お葉はずっと醜いとののしられ、すぐには人の優しさを信用できなくなっていた。しかし、患者へと真摯に向き合う道庵の診療を手伝ううちに、人の真心をを学び、成長してゆく――。江戸の人情が涙を誘う、感動必至の時代医療小説!

(『お葉の医心帖』(角川文庫)Amazonの内容紹介より)

本書は、著者が初めて挑んだ医療時代小説です。どんな話を紡いでいくのか、大いに気になります。

★2023/11/26追記
『お葉の医心帖』を読みました。詳しい紹介は以下↓をどうぞ。

いじめに遭った少女お葉は、命の尊さを知り、患者に向き合う
『お葉の医心帖』|有馬美季子|角川文庫 有馬美季子さんの文庫書き下ろし時代小説、『お葉の医心帖』(角川文庫)が出ました。 著者は、2021年に料理時代小説の「はないちもんめ」シリーズ(祥伝社文庫)と旅籠ミステリーの「はたご雪月花」シリーズ(...
文庫●2023年11月下旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年11月下旬の新刊(21日→月末) 2023年11月21日から11月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。 新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →新刊情...

■Amazon.co.jp
『お葉の医心帖』(有馬美季子・角川文庫)
『縄のれん福寿 細腕お園美味草紙』(有馬美季子・祥伝社文庫)
『はないちもんめ』(有馬美季子・祥伝社文庫)
『旅立ちの虹 はたご雪月花』(有馬美季子・光文社文庫)

有馬美季子|時代小説ガイド
有馬美季子|ありまみきこ|時代小説・作家 2016年、『縄のれん福寿 細腕お園美味草紙』で時代小説デビュー。 2021年、「はないちもんめ」シリーズ、「はたご雪月花」シリーズで、第10回日本歴史時代作家協会賞文庫シリーズ賞を受賞。 時代小説...