医療

スポンサーリンク
医療

パンデミックを乗り切った「江戸の危機管理術」とは

『江戸幕府の感染症対策 なぜ「都市崩壊」を免れたのか』 歴史家の安藤優一郎さんの歴史読み物、『江戸幕府の感染症対策 なぜ「都市崩壊」を免れたのか』(集英社新書)をご恵贈いただきました。 歴史家である著者は、江戸時代の社会や経済、政治...
医療

医学館で働き学ぶ、佐保の薬膳料理が疲れた心と体を癒す

『お江戸やすらぎ飯 芍薬役者』 鷹井伶(たかいれい)さんの文庫書き下ろし時代小説、『お江戸やすらぎ飯 芍薬役者(しゃくやくやくしゃ)』(角川文庫)を献本いただきました。 本書は、医学館で働きながら医学を学ぶ少女・佐保が、体に不調を抱...
2020.08.30
ブックガイド

『文蔵 2020.7・8』の特集は、「医療小説」の進化を追え!

『文蔵 2020.7・8』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、ミステリから人間ドラマ、時代小説まで 「医療小説」の進化を追え! です。 特集では、文芸評論家の末國善己さんが、「危機の現代」こそ読むべき名作15選と題して、感染症や...
医療

コロナ禍を経験した今、読みたい、心を癒す医療時代小説

『花しぐれ 御薬園同心水上草介』 梶よう子さんの時代小説、『花しぐれ 御薬園同心水上草介』(集英社文庫)を紹介します。 薬草栽培や生薬の精製につとめる小石川にある幕府の御薬園を舞台に、御薬園同心の水上草介(みなかみそうすけ)が、周囲...
医療

流行り病が広がる中で御薬園に立ちはだかる、目付鳥居耀蔵

『花しぐれ 御薬園同心水上草介』 梶よう子さんの時代小説、『花しぐれ 御薬園同心水上草介』(集英社文庫)を入手しました。 本書は、薬草栽培や生薬の精製につとめる、小石川御薬園同心の水上草介(みなかみそうすけ)を主人公とする、連作時代...