シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

2025年大河ドラマは、江戸の出版王、蔦屋重三郎

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

2025年の大河ドラマは、江戸の出版プロデューサー蔦屋重三郎

蔦重の教え (双葉文庫)4月27日(木)、2025年のNHK大河ドラマ「べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺(つたじゅうえいがのゆめばなし)~」の制作が決定しました。
脚本は「おんな城主 直虎」の森下佳子さんが担当され、主人公の蔦屋重三郎(蔦重)を横浜流星さんが演じることが発表されました。

親なし、金なし、画才なし・・・ないない尽くしの生まれから
“江戸のメディア王”として時代の寵児になった快男児・蔦屋重三郎。
天下泰平、文化隆盛の江戸時代中期。
喜多川歌麿、葛飾北斎、山東京伝、滝沢馬琴を見出し、
日本史史上最大の謎のひとつ“東洲斎写楽”を世に送り出す――

放送100年を迎える2025年に描くのは
日本のメディア産業、ポップカルチャーの礎を築き
時に“お上”に目を付けられても“面白さ”を追求し続けた人物
“蔦重”こと蔦屋重三郎の波乱万丈の生涯。
笑いと涙と謎に満ちた“痛快”エンターテインメントドラマがはじまります!

(NHKのサイトより)

2025年大河ドラマ「べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~」主演・横浜流星さん!
ないない尽くしの生まれから“江戸のメディア王”として時代の寵児に!“蔦重”こと蔦屋重三郎の波乱万丈の生涯。笑いと涙と謎に満ちた“痛快”エンターテインメントドラマ

遂に、大河ドラマで江戸の文化人蔦屋重三郎が取り上げられます。
江戸の出版王のもとに、喜多川歌麿や葛飾北斎、東洲斎写楽、山東京伝、十返舎一九、曲亭馬琴ら、きら星の如く、絵師や戯作者が集まった時代が描かれるということで、今からドキドキワクワクしています。

松平定信や田沼意次らの政治家も登場しそうなので、蔦重との対峙にも興味津々。
何よりも蔦重を中心に、この時代を描いた歴史時代小説が今後多数刊行されていくことが嬉しいです。

放送前に、蔦屋重三郎を勉強したい方に、おすすめの時代小説をいくつか紹介します。

★蔦屋重三郎が登場する、おすすめの時代小説

蔦屋重三郎|時代小説で読む
蔦屋重三郎|つたやじゅうざぶろう|板元・出版プロデューサー|江戸 蔦屋重三郎は、吉原大門の前に書店を開き、吉原の遊女のガイドブック「吉原細見」の販売で成功しました。その後、黄表紙の出版、洒落本や狂歌本などでヒット作を刊行し、天明3年(178...