芸道

女性

第165回直木賞候補、澤田瞳子さん、砂原浩太朗さんの作品

6月11日(金)、第165回直木三十五賞(公益財団法人日本文学振興会主催)の候補作品5作品が発表されました。 時代小説では、澤田瞳子さんの『星落ちて、なお』(文藝春秋)と砂原浩太朗さんの『高瀬庄左衛門御留書(たかせしょうざえもんおとど...
お気に入り

多陽人が囚われる!? 『万葉集』の歌枕、伊香保温泉への旅

篠綾子さんの文庫書き下ろし時代小説、『くさまくら 万葉集歌解き譚』(小学館文庫)を入手しました。 江戸・日本橋の薬種問屋の小僧・助松が、主人の娘しづ子に『万葉集』の和歌を学びながら、謎解きにかかわっていく、「万葉集謎解き譚」シリーズの...
人物

歌麿、写楽、馬琴…、絵師と戯作者を描いて蔦屋重三郎に迫る

『うかれ十郎兵衛』|吉森大祐|講談社 吉森大祐(よしもりだいすけ)さんの時代小説、『うかれ十郎兵衛』(講談社)を入手しました。 著者は、2017年に『幕末ダウンタウン』で第12回小説現代長編小説新人賞を受賞し、2020年に『ぴりりと...
人物

「2021年5月の新刊(単行本)」をアップ

『星落ちて、なお』|澤田瞳子|文藝春秋 2021年5月1日から5月末日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2021年5月の新刊(単行本)」を掲載しました。 今月は、文藝春秋から刊行される、澤田瞳子...
ミステリー

写楽の正体は?蔦重、大仕掛けでお上に一泡吹かせてやるッ

『からくり写楽 蔦屋重三郎、最後の賭け』|野口卓|新潮文庫 野口卓さんの長編時代小説、『からくり写楽 蔦屋重三郎、最後の賭け』を入手しました。 江戸好きで、ミステリーが好きな人にとって、写楽は誰だったのかは知りたいことの一つです。時...