スポンサーリンク

2021年【文庫書き下ろし】時代小説ベスト10を発表

三河雑兵心得 伊賀越仁義(双葉文庫)「時代小説SHOW」による、2021年文庫書き下ろし時代小説のベスト10を発表しました。

Amazonでの発売日もしくは奥付表記が2020年11月1日から2021年10月31日発行の時代小説作品(シリーズ)で、文庫書き下ろし作品を対象に選びました。
単行本の文庫化は対象外としています。

1位 「三河雑兵心得」シリーズ 井原忠政さん
2位 「あきない世傳 金と銀」シリーズ 高田郁さん
3位 「北の御番所 反骨日録」シリーズ 芝村凉也さん

対象期間中に、『弓組寄騎仁義』『砦番仁義』『鉄砲大将仁義』『伊賀越仁義』の4作を発表して、躍進が著しい「三河雑兵心得」シリーズが2年連続の1位となりました。

五鈴屋主従から目が離せず、大きな盛り上がりを見せる大河小説「あきない世傳 金と銀」シリーズは昨年に続き2位に。

やさぐれ同心を主人公に奉行所の人間模様を描き込み、捕物小説に新風を吹き込んだ「北の御番所 反骨日録」を3位に推します。

ベスト10の選考理由と、4位以下の作品については、「2021年時代小説ベスト10【文庫書き下ろし部門】」をご覧ください。

2021年時代小説ベスト10【文庫書き下ろし部門】
2021年時代小説ベスト10 文庫書き下ろし部門 「時代小説SHOW」による、2021年文庫書き下ろし時代小説のベスト10を発表します。 対象は、Amazonでの発売日もしくは奥付表記が2020年11月1日から2021年10月3...

なお、『この時代小説がすごい! 2022年版』(宝島社刊、対象期間:2020年10月1日~2021年9月30日)で発表したベスト6と、候補作品の対象期間が1カ月ずれているため、一部ランキングが違っています。

単行本のベスト10も近日中に発表できるように頑張ります。
乞うご期待ください。

井原忠政|時代小説ガイド
井原忠政|いはらただまさ|時代小説・作家 神奈川県出身、神奈川県鎌倉市在住。会社勤務を経て文筆業に入る。 2016年、経塚丸雄のペンネームで『旗本金融道(一) 銭が情けの新次郎』で時代小説デビュー。 2017年、同作で、第6回歴史時...