スポンサーリンク

井原忠政|時代小説ガイド

[い] 井原忠政|いはらただまさ|時代小説・作家

神奈川県出身、神奈川県鎌倉市在住。会社勤務を経て文筆業に入る。
2016年、経塚丸雄のペンネームで『旗本金融道(一) 銭が情けの新次郎』で時代小説デビュー。
2017年、同作で、第6回歴史時代作家クラブ賞新人賞を受賞。
2020年、徳川四天王(酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政)から一字ずつ取って、井原忠政のペンネームで「三河雑兵心得」シリーズを執筆開始。
2021年、「三河雑兵心得」シリーズで、『この時代小説がすごい! 2022年版』の文庫書き下ろし部門ランキング第1位を獲得。

時代小説SHOW 投稿記事

堅物の息子と、女・酒・博打好きの父、最凶の大家バディ誕生
『うつけ屋敷の旗本大家』|井原忠政|幻冬舎時代小説文庫 井原忠政さんの文庫書き下ろし時代小説、『うつけ屋敷の旗本大家』(幻冬舎時代小説文庫)を紹介します。 著者は、徳川家康配下の雑兵の戦国サクセスストーリー「三河雑兵心得」シリーズで...
茂兵衛、真田昌幸に会い、小牧長久手の戦いでは秀吉軍と対決
『三河雑兵心得(八) 小牧長久手仁義』|井原忠政|双葉文庫 井原忠政(いはらただまさ)さんの文庫書き下ろし戦国小説、『三河雑兵心得(八) 小牧長久手仁義』(双葉文庫)を紹介します。 「この時代小説がすごい! 2022年版」第1位、の...
「2022年2月上旬の新刊(文庫)」をアップ
『三河雑兵心得(8) 小牧長久手仁義』|井原忠政|双葉文庫 2022年2月1日から2月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2022年2月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました 今回は、井原忠政さんの、戦国時代小説、『...
2021年【文庫書き下ろし】時代小説ベスト10を発表
「時代小説SHOW」による、2021年文庫書き下ろし時代小説のベスト10を発表しました。 Amazonでの発売日もしくは奥付表記が2020年11月1日から2021年10月31日発行の時代小説作品(シリーズ)で、文庫書き下ろし作品を対象...
「この時代小説がすごい!」第1位は、「三河雑兵心得」
『この時代小説がすごい! 2022年版』(宝島社)が発売になり、文庫書き下ろし&単行本のベストランキングが発表されました。 文庫書き下ろしでは、井原忠政さんの「三河雑兵心得」(双葉文庫)シリーズが第1位に選ばれました。 1位、お...
家康最大のピンチ「伊賀越え」に、茂兵衛、絶体絶命の逃走劇
『三河雑兵心得(七) 伊賀越仁義』|井原忠政|双葉文庫 井原忠政(いはらただまさ)さんの文庫書き下ろし戦国小説、『三河雑兵心得(七) 伊賀越仁義』(双葉文庫)をご恵贈いただきました。 東三河の百姓出身の若者茂兵衛が家康の家臣の足軽と...
足軽大将茂兵衛は、家康から密命を受け敵地甲斐に決死の潜入
『三河雑兵心得(六) 鉄砲大将仁義』|井原忠政|双葉文庫 井原忠政(いはらただまさ)さんの文庫書き下ろし戦国小説、『三河雑兵心得(六) 鉄砲大将仁義』(双葉文庫)をご恵贈いただきました。 東三河の百姓出身の若者茂兵衛が家康の家臣の足...
やったな大金星だ!「三河雑兵心得」の帯に、チラシに!
『三河雑兵心得(五) 砦番仁義』|井原忠政|双葉文庫 2月10日に発売された、井原忠政さんの文庫書き下ろし戦国小説、『三河雑兵心得(五) 砦番仁義』の帯に、「時代小説SHOW」2020年文庫書き下ろし時代小説ベストテン 第1位!の文字を入...
2020年文庫書き下ろし第1位! 戦国足軽出世物語の第5巻
『三河雑兵心得(五) 砦番仁義』|井原忠政|双葉文庫 井原忠政(いはらただまさ)さんの文庫書き下ろし戦国小説、『三河雑兵心得(五) 砦番仁義』(双葉文庫)をご恵贈いただきました。 村を飛び出した若者茂兵衛が徳川家康の家臣の足軽となっ...
籠城、兜武者との対決。新米足軽、三河一向一揆で奮闘す
『三河雑兵心得 足軽仁義』|井原忠政|双葉文庫 井原忠政さんの文庫書き下ろし歴史時代小説、『三河雑兵心得 足軽仁義』(双葉文庫)を紹介します。 戦国時代、三河の農民の子に生まれた茂兵衛が雑兵となって、戦乱の世を生き抜いていく波瀾万丈...
徳川の足軽、出世を重ねて寄騎に。今度は長篠で武田に倍返し
『三河雑兵心得 弓組寄騎仁義』|井原忠政|双葉文庫 井原忠政(いはらただまさ)さんの文庫書き下ろし戦国小説、『三河雑兵心得 弓組寄騎仁義』(双葉文庫)をご恵贈いただきました。 村を飛び出した若者・茂兵衛が家康の家臣の足軽となって、戦...

著者のホームページ・SNS

時代小説作家リストへ戻る