スポンサーリンク

「2022年11月上旬の新刊(文庫)」をアップ

『三河雑兵心得(10) 馬廻役仁義』|井原忠政|双葉文庫

三河雑兵心得(10) 馬廻役仁義2022年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2022年11月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました

今回は、双葉文庫の新刊に注目。井原忠政さんの人気時代小説シリーズの最新刊、、『三河雑兵心得(10) 馬廻役仁義』を取り上げてみました。

上田合戦で大敗した徳川勢の殿軍を務め、単騎で真田勢に突っ込み戦場に消えた茂兵衛。「茂兵衛、討死」の報に、辰蔵は泣き、寿美は愚痴り、八兵衛は悪態をつく。さらには無嗣子の植田家は改易の危機に。だが、ところがどっこい、茂兵衛は生きていた。戸石城の土牢に囚われながら、じっと味方の救出を待つ。戦国足軽出世物語、第10弾。

(『三河雑兵心得(10) 馬廻役仁義』(双葉文庫)Amazonの内容紹介より)

前作『三河雑兵心得(9) 上田合戦仁義』で、華々しくも討死にしたと思われた茂兵衛。
(ここではまだ死なないだろうと思いながらも、絶体絶命の形で終わっていたので心配していました)

ところがどっこい、戸石城の土牢に囚われ生きていて、じっと救出のときを待っていました(ひとまず安心、よしよし)

何やら、有岡城に幽閉された黒田官兵衛のよう。
いつ、どんなふうに救出されるのか関心は移りますが、続きは本書で楽しみたいと思います。

文庫●2022年11月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2022年11月上旬の新刊(1日→10日) 2022年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張って...

■Amazon.co.jp
『三河雑兵心得(1) 足軽仁義』(井原忠政・双葉文庫)
『三河雑兵心得(9) 上田合戦仁義』(井原忠政・双葉文庫)
『三河雑兵心得(10) 馬廻役仁義』(井原忠政・双葉文庫)

井原忠政|時代小説ガイド
井原忠政|いはらただまさ|時代小説・作家 神奈川県出身、神奈川県鎌倉市在住。会社勤務を経て文筆業に入る。 2016年、経塚丸雄のペンネームで『旗本金融道(一) 銭が情けの新次郎』で時代小説デビュー。 2017年、同作で、第6回歴史時...