スポンサーリンク

文庫●2022年11月上旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2022年11月上旬の新刊(1日→10日)

2022年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

時代小説文庫
今村翔吾さんの『風待ちの四傑 くらまし屋稼業』
師走のころ、夜討ちの陣吾と呼ばれる裏の世界で畏れられている男が、平九郎の露店にやって来ました。呉服問屋の大店「越後屋」に勤める比奈という女性を晦まして欲しいといいます。
大人気のエンタメシリーズ第8弾。遂に発売。

小学館文庫
風野真知雄さんの『お龍のいない夜』
時は幕末。京都七条新地の旅館〈扇岩〉で働く楢崎龍(りょう)は、勤皇の志士の隠れ家で、土佐の坂本龍馬と出会います。龍馬はお龍に惚れ込み恋文を送り、後に祝言をあげます。その後日本を駆け巡る龍馬は、お龍に何度も恋文を送り続けます。
龍馬がお龍に送り続けた恋文の中身はいかなるものだったのでしょうか?
風野真知雄が挑んだ、新時代の龍馬伝誕生。

宝島社文庫
山本巧次さんの『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 司法解剖には解体新書を』
時間旅行者にして十手持ちの女親分・おゆうこと関口優佳は、現代でコロナ第2波が囁かれる中、江戸でとある内偵を依頼されました。
連続不審死に毒殺を疑うおゆうは、杉田玄白の弟子の協力も得ながら、日本史上初めての司法解剖に向けて動き出します。江戸で起きた連続不審死の謎に、現代科学と蘭学のコラボレーションで挑みます。

芥川龍之介、池波正太郎ほかさんの『傑作! 文豪たちの『徳川家康』短編小説』
2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』の主人公・徳川家康をテーマにした大御所たちの短編小説を集めたアンソロジー。芥川龍之介さん、池波正太郎さん、山田風太郎さん、山本周五郎さん、滝口康彦さん、南條範夫さん、火坂雅志さんといった錚々たる作家陣の短編小説を厳選収録。大河ドラマを楽しむための予習にぴったりです。

朝日文庫
岩室忍さんの『家康の軍師 (1) 青龍の巻』

天文十一年(1542)年の三河岡崎城の弱小大名の松平家に誕生した家康は、人質として各地で幼少期を過ごします。尾張の織田家での信長、駿河の今川家での太原雪斎など、生涯にわたって影響を及ぶ武将との出会いに恵まれ、家康は成長し、乱世に一歩を踏み出しました。これまでの「強い」家康像を覆す、岩室流「泣き虫家康」、開幕。

岩室忍さんの『家康の軍師 (2) 朱雀の巻』
清州同盟で信長側につくことを決断した家康は、一向一揆との戦いに明け暮れ、三方ヶ原の戦いでは信玄の強さを目の当たりにし、完敗します。そして、信長を恐れた家康は、自らの妻子に決断を迫られることにる。家康が「隠忍自重」の第二巻。

文春文庫
千野隆司さんの『朝比奈凜之助捕物暦』
小間物売りの男が賊に襲われ、絶命しました。残忍な手口に怒りを覚えた南町奉行所定町廻り同心の朝比奈凛之助は、早速探索を始めます。調べは難航するなか、唯一の手掛かりは残された息子が賊の顔を見ていたこと。それを知った賊が、子供の命を狙い……。凛之助の人情と剣戟が冴えわたる、待望の新シリーズ。

松井今朝子さんの『江戸の夢びらき』
初代・市川團十郎は、命を燃やすが如き〈荒事〉によって歌舞伎を革新し、元禄の江戸を熱狂させました。民衆から信仰にも近い人気を得て、今なお愛される名演目と斬新な演出を生み出した不世出の天才役者は、なぜ舞台上で殺されたのでしょうか。謎多き初代團十郎の生涯を元禄の狂乱と江戸歌舞伎の胎動とともに描いた長編。

徳間文庫
あさのあつこさん、奥山景布子ほかさんほかの『時代小説アンソロジー てしごと』
澤田瞳子さん、 志川節子さん、奥山景布子さん、西條奈加さん、小松エメルさん、あさのあつこさんの短編を収録したア時代小説アンソロジー。当代の人気女性作家が、己の生きる道を自らの腕と業で切り開く女性職人の凛々しさを巧みな筆致で活写した傑作ばかりです。

光文社文庫
伊多波碧さんの『形見 名残の飯』
隅田川縁の「橋場の渡し」近くにある一膳飯屋『しん』。母娘が営むこの店には今日も訳ありな客たちが訪れます。才能を嫉妬され夫に子育てや家事を詰られる女職人、借金苦のために愛犬を処分した男……。そして今巻では、『しん』に新しい働き手が加わりますが、その人物のせいで店は大騒動に巻き込まれます。好評の時代シリーズ第三弾。

PHP文芸文庫
細谷正充さん編の『ぬくもり〈動物〉時代小説傑作選』
現代のペットブームを影響からか、今、動物時代小説が注目されています。
犬、猫、兎、鳩……江戸の“かわいい”が大集合!
事件にかかわる鳩、禅寺で暮らす犬……動物たちとの温かくも切ない関係を描く傑作アンソロジー。収録作家は、宮部みゆきさん、田牧大和さん、小松エメルさん、櫻部由美子さん、西條奈加さん。

双葉文庫
井原忠政さんの『三河雑兵心得(10) 馬廻役仁義』
上田合戦で大敗した徳川勢の殿軍を務め、単騎で真田勢に突っ込み戦場に消えた茂兵衛。「茂兵衛、討死」の報に、辰蔵は泣き、寿美は愚痴り、八兵衛は悪態をつき、さらには無嗣子の植田家は改易の危機に。ところがどっこい、茂兵衛は生きていました。戸石城の土牢に囚われながら、じっと味方の救出を待つ、戦国足軽出世物語、第10弾。

坂岡真さんの『はぐれ又兵衛例繰控【六】 理不尽なり』
又兵衛の知りあいの煮売屋の善七が、三人組の月代侍に襲われた女房を救おうとして、奪った刀でひとりを殺めてしまいました。善七に下されたのは、磔獄門という不条理な裁き。臍を噛む又兵衛だが、侍たちが、凶賊と繋がっていると知り、一味を壊滅すべく動きだします。又兵衛が怒りに月代朱に染めて、許せぬ悪を影裁きする、時代シリーズ第六弾です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●11月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『鶴姫の千羽織 守らなかった約束』黒木咲『鶴姫の千羽織 守らなかった約束』
●11月2日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『風待ちの四傑 くらまし屋稼業』
→記事:くらまし屋を追撃する暗黒街の凄腕たち。惣一郎にも好敵手が
今村翔吾『風待ちの四傑 くらまし屋稼業』
●11月4日発売 小学館・小学館文庫
『お龍のいない夜』風野真知雄『お龍のいない夜』
『極悪女帝の後宮』宮野美嘉『極悪女帝の後宮』
●11月5日発売 宝島社・宝島社文庫
『山田風太郎時代小説コレクション 地の巻 南無殺生三万人』山田風太郎著、日下三蔵編集『山田風太郎時代小説コレクション 地の巻 南無殺生三万人』
『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 司法解剖には解体新書を』山本巧次『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 司法解剖には解体新書を』
『傑作! 文豪たちの『徳川家康』短編小説』
→記事:話題の家康小説で、文豪たちの筆の冴えが楽しめる歴史短編集
芥川龍之介、池波正太郎ほか『傑作! 文豪たちの『徳川家康』短編小説』
●11月7日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『家康の軍師 (1) 青龍の巻』岩室忍『家康の軍師 (1) 青龍の巻』
『家康の軍師 (2) 朱雀の巻』岩室忍『家康の軍師 (2) 朱雀の巻』
『千両の首 斬! 江戸の用心棒』佐々木裕一『千両の首 斬! 江戸の用心棒』
『歴史をさわがせた女たち 日本篇』永井路子『歴史をさわがせた女たち 日本篇』
●11月8日発売 ポプラ社・ポプラ文庫
『うちのにゃんこは妖怪です 百鬼夜行とバケモノの子ども』高橋由太『うちのにゃんこは妖怪です 百鬼夜行とバケモノの子ども』
『湯島天神坂 お宿如月庵へようこそ 満月の巻』中島久枝『湯島天神坂 お宿如月庵へようこそ 満月の巻』
●11月8日発売 河出書房新社・河出文庫
『草を褥に 小説牧野富太郎』大原富枝『草を褥に 小説牧野富太郎』
『菊帝悲歌: 小説後鳥羽院』塚本邦雄『菊帝悲歌: 小説後鳥羽院』
●11月8日発売 文藝春秋・文春文庫
『神と王 謀りの玉座』浅葉なつ『神と王 謀りの玉座』
『朝比奈凜之助捕物暦』千野隆司『朝比奈凜之助捕物暦』
『江戸の夢びらき』松井今朝子『江戸の夢びらき』
●11月9日発売 光文社・光文社文庫
『其角忠臣蔵異聞 五戒の櫻』小杉健治『其角忠臣蔵異聞 五戒の櫻』
『愛憎 吉原裏同心(15) 決定版』佐伯泰英『愛憎 吉原裏同心(15) 決定版』
『仇討 吉原裏同心(16) 決定版』佐伯泰英『仇討 吉原裏同心(16) 決定版』
『形見 名残の飯』伊多波碧『形見 名残の飯』
『息吹く魂 父子十手捕物日記』鈴木英治『息吹く魂 父子十手捕物日記』
『恋小袖 決定版 牙小次郎無頼剣(六)』和久田正明『恋小袖 決定版 牙小次郎無頼剣(六)』
『老中成敗 闇御庭番(十)』早見俊『老中成敗 闇御庭番(十)』
『影武者 日暮左近事件帖』藤井邦夫『影武者 日暮左近事件帖』
●11月9日発売 徳間書店・徳間文庫
『時代小説アンソロジー てしごと』あさのあつこ、奥山景布子ほか『時代小説アンソロジー てしごと』
『剣豪将軍義輝(中) 孤雲ノ太刀 〈新装版〉』宮本昌孝『剣豪将軍義輝(中) 孤雲ノ太刀 〈新装版〉』
●11月10日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『ぬくもり〈動物〉時代小説傑作選』
→記事:江戸の“かわいい”が大集合! 注目の動物時代小説傑作選
細谷正充編『ぬくもり〈動物〉時代小説傑作選』
●11月10日発売 講談社・講談社学術文庫
『日本の近代仏教 思想と歴史』末木文美士『日本の近代仏教 思想と歴史』
『漢詩の名句・名吟』村上哲見『漢詩の名句・名吟』
●11月10日発売 双葉社・双葉文庫
『わるじい慈剣帖(十)-うそだろう』
→記事:桃太郎と桃子に平穏な日々は訪れるのか、驚愕、感動の完結巻
風野真知雄『わるじい慈剣帖(十)-うそだろう』
『はぐれ又兵衛例繰控【六】 理不尽なり』
→記事:庶民を失望させる理不尽な裁き。又兵衛の憤怒の刃が鞘走る
坂岡真『はぐれ又兵衛例繰控【六】 理不尽なり』
『三河雑兵心得(10) 馬廻役仁義』
→記事:「2022年11月上旬の新刊(文庫)」をアップ
→記事:どっこい、生きていた茂兵衛。家康の側近・馬廻役に抜擢!?
井原忠政『三河雑兵心得(10) 馬廻役仁義』
『浪人若さま 新見左近 決定版【九】 大名盗賊』佐々木裕一『浪人若さま 新見左近 決定版【九】 大名盗賊』
●11月10日発売 法蔵館・法蔵館文庫
『現代語訳 南海寄帰内法伝: 七世紀インド仏教僧伽の日常生活』義浄『現代語訳 南海寄帰内法伝: 七世紀インド仏教僧伽の日常生活』

↑ 新刊情報Topへ← 2022年10月の新刊 下(21日→月末)2022年11月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2022年11月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2022年11月の新刊(1日→末日) 2022年11月1日から11月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ペ...