スポンサーリンク

単行本★2022年11月の新刊

単行本★時代小説新刊情報|2022年11月の新刊(1日→末日)

2022年11月1日から11月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

朝井まかてさん、諸田玲子ほかさんの『鎌倉残影 歴史小説アンソロジー』
武士の世への転換点を駆け抜けた人々――源頼朝、北条政子、後鳥羽上皇、和田義盛、そして北条義時。澤田瞳子さん、武川佑さん、葉室麟さんら、歴史小説の名手たちが彼らの面影を丹念に描き上げた珠玉の小説集。戦乱、陰謀、そして悲恋、鎌倉殿の時代を鮮やかに描きあげます。

富樫倫太郎さんの『北条氏康-河越夜襲篇』
武田晴信は、今川義元の臣・太原雪斎からの提案に驚愕しました。
その戦略は現実のものとなり、いまや北条の河越城は八万の敵に囲まれています。
氏康の命運尽きたと誰もが思ったその時、十倍もの敵の目を眩ませる小太郎の奇策が発動します。「北条氏康シリーズ」の第三弾は緊迫の展開に。

吉森大祐さんの『東京彰義伝』
幕末、江戸城無血開城から上野戦争へ、江戸の庶民にとっていつから東京になったのでしょうか。明治維新の歴史からこぼれ落ちた秘められた恋の行方を描いた歴史時代小説。

北方謙三さんの『チンギス紀 十五 子午』
モンゴル軍がオトラルを攻囲して半年以上が過ぎ、モンゴル軍の兵站に乱れは見られず、オトラルを守るイナルチュクの予想を超えた事態が生じます。マルガーシが所属する皇子軍、テルゲノが率いる遊軍、華蓮の軍のそれぞれが、チンギスの命を狙っていました。
ついにチンギス本隊とホラズム軍があいまみえる、第15巻。

由原かのんさんの『首ざむらい 世にも快奇な江戸物語』
第99回オール読物新人賞受賞作「首ざむらい」のほか、河童や猫又が登場する、ほんのりと不思議な空気を漂わせた三編を収録した作品集。

高瀬乃一さんの『貸本屋おせん』
第100回オール讀物新人賞を満場一致で受賞した「をりをり よみ耽り」を含む連作5作を収録した著者初の作品集。
物語の舞台は、文化年間の江戸浅草。女手ひとつで貸本屋を営む〈おせん〉の奮闘を描いています。盛りに向かう読本文化の豊饒さは本好きなら時代を超えて魅了されることでしょうし、読本をめぐって身にふりかかる事件の数々に立ち向かう〈おせん〉の捕物帖もスリルに富んでいます。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●11月1日発売 文芸社
『南国太平記 土居清良伝』赤松一統『南国太平記 土居清良伝』
●11月2日発売 KADOKAWA
『鎌倉残影 歴史小説アンソロジー』
→記事:「2022年11月の新刊(単行本)」をアップ
朝井まかて、諸田玲子ほか『鎌倉残影 歴史小説アンソロジー』
●11月3日発売 扶桑社・扶桑社新書
『決定版・日本史[人物編]』渡部昇一『決定版・日本史[人物編]』
●11月4日発売 実業之日本社・じっぴコンパクト新書
『新版 知れば知るほど面白い 徳川将軍十五代』大石学監修『新版 知れば知るほど面白い 徳川将軍十五代』
『新版 いっきに!同時に!世界史もわかる日本史』河合敦監修『新版 いっきに!同時に!世界史もわかる日本史』
●11月4日発売 東銀座出版社
『黙殺される国際協調の理念 渋沢栄一・晩年の光芒』小林敏男『黙殺される国際協調の理念 渋沢栄一・晩年の光芒』
●11月5日発売 ABCアーク
『歴史人2022年12月号』歴史人編集部編集『歴史人2022年12月号』
●11月5日発売 PHP研究所
『歴史街道2022年12月号(特集1「承久の乱」の真実)』
→記事:承久の乱って何? やっぱり気になる「鎌倉殿の13人」の結末
歴史街道編集部編集『歴史街道2022年12月号(特集1「承久の乱」の真実)』
●11月5日発売 朝日新聞出版・週刊朝日ムック
『歴史道 Vol.24』朝日新聞出版『歴史道 Vol.24』
●11月7日発売 中央公論新社・中公ムック
『歴史と人物12 面白すぎる 人物日本史 近世・近現代編』中央公論新社編集『歴史と人物12 面白すぎる 人物日本史 近世・近現代編』
●11月8日発売 中央公論新社
『馬上の星 -小説・馬援伝』宮城谷昌光『馬上の星 -小説・馬援伝』
『北条氏康-河越夜襲篇』富樫倫太郎『北条氏康-河越夜襲篇』
●11月8日発売 中央公論新社・中公新書ラクレ
『ジェンダーレスの日本史-古典で知る驚きの性』大塚ひかり『ジェンダーレスの日本史-古典で知る驚きの性』
●11月9日発売 講談社
『東京彰義伝』吉森大祐『東京彰義伝』
●11月10日発売 NHK出版・NHK出版新書
『新説 家康と三方原合戦: 生涯唯一の大敗を読み解く』平山優『新説 家康と三方原合戦: 生涯唯一の大敗を読み解く』
●11月10日発売 筑摩書房・ちくま新書
『地形で見る江戸・東京発展史』鈴木浩三『地形で見る江戸・東京発展史』
●11月11日発売 祥伝社
『ちとせ』高野知宙『ちとせ』
●11月11日発売 朝日新聞出版・朝日新書
『歴史を読み解く城歩き』千田嘉博『歴史を読み解く城歩き』
『昭和史研究の最前線 大衆・軍部・マスコミ、戦争への道』筒井清忠『昭和史研究の最前線 大衆・軍部・マスコミ、戦争への道』
●11月11日発売 静岡新聞社
『生き抜け、竹千代』歌崎三郎『生き抜け、竹千代』
●11月11日発売 無明舎出版
『冬の桜-坊沢村の義民と若き昌益』寺田良『冬の桜-坊沢村の義民と若き昌益』
●11月12日発売 徳間書店
『おもみいたします』あさのあつこ『おもみいたします』
●11月17日発売 講談社・講談社現代新書
『ドイツ誕生 神聖ローマ帝国初代皇帝オットー1世』菊池良生『ドイツ誕生 神聖ローマ帝国初代皇帝オットー1世』
●11月17日発売 新潮社
『御家の大事』近衛龍春『御家の大事』
●11月17日発売 平凡社・平凡新書
『旅する漱石と近代交通: 鉄道・船・人力車』小島英俊『旅する漱石と近代交通: 鉄道・船・人力車』
●11月17日発売 集英社
『小説すばる 2022年 12 月号』
●11月18日発売 文藝春秋・文春新書
『大人の学参 まるわかり世界史』津野田興一『大人の学参 まるわかり世界史』
●11月18日発売 朝日新聞出版
『ざっくりわかる 8コマ三国志』ジェントルメン中村・イラスト『ざっくりわかる 8コマ三国志』
●11月21日発売 中央公論新社
『南洋のエレアル』中路啓太『南洋のエレアル』
『樋口一葉赤貧日記』伊藤氏貴『樋口一葉赤貧日記』
『徳川時代はそんなにいい時代だったのか』小谷野敦『徳川時代はそんなにいい時代だったのか』
●11月21日発売 中央公論新社・中公新書
『奈良時代-律令国家の黄金期と熾烈な権力闘争』木本好信『奈良時代-律令国家の黄金期と熾烈な権力闘争』
『古代オリエント全史-エジプト、メソポタミアからペルシアまで4000年の興亡』小林登志子『古代オリエント全史-エジプト、メソポタミアからペルシアまで4000年の興亡』
『孫子―「兵法の真髄」を読む』渡邉義浩『孫子―「兵法の真髄」を読む』
『日本史を暴く-戦国の怪物から幕末の闇まで』磯田道史『日本史を暴く-戦国の怪物から幕末の闇まで』
●11月21日発売 幻冬舎
『更級日記を読む 源氏物語をめぐってII』神明敬子『更級日記を読む 源氏物語をめぐってII』
●11月22日発売 岩波書店・岩波新書
『芭蕉のあそび』深沢眞二『芭蕉のあそび』
●11月22日発売 新潮社
『小説新潮 2022年12月号』小説新潮編集部編集
●11月22日発売 幻冬舎
『「学歴」で読む日本近代文学』三浦淳『「学歴」で読む日本近代文学』
●11月22日発売 光文社
『小説宝石 2022年 12 月号』
●11月22日発売 祥伝社
『小説NON 2022年 12 月号』
●11月22日発売 文藝春秋
『オール讀物2022年12月号(本屋が選ぶ時代小説大賞&冬の豪華読切小説)』オール讀物編集『オール讀物2022年12月号(本屋が選ぶ時代小説大賞&冬の豪華読切小説)』
●11月22日発売 KADOKAWA
『小説 野性時代 特別編集 2022年冬号』小説野性時代編集部編集
●11月22日発売 講談社
『小説現代 2022年 12 月号』講談社編集『小説現代 2022年 12 月号』
●11月22日発売 ウェッジ
『超約版 家康名語録』
→記事:江戸幕府260年の礎を築いた叡智。名言でたどる家康の生涯
榎本秋『超約版 家康名語録』
●11月24日発売 KADOKAWA・角川選書
『万葉考古学』上野誠『万葉考古学』
『徳川家康と武田信玄』平山優『徳川家康と武田信玄』
●11月24日発売 星海社・星海社新書
『徳川家康合戦録 戦下手か戦巧者か』渡邊大門編集『徳川家康合戦録 戦下手か戦巧者か』
●11月24日発売 文藝春秋・文藝春秋企画出版
『藤原定家の妻』谷口弘子
●11月25日発売 集英社
『チンギス紀 十五 子午』北方謙三『チンギス紀 十五 子午』
●11月25日発売 文藝春秋
『首ざむらい 世にも快奇な江戸物語』由原かのん『首ざむらい 世にも快奇な江戸物語』
『貸本屋おせん』高瀬乃一『貸本屋おせん』
●11月26日発売 幻冬舎
『小説幻冬 2022年 12月号』幻冬舎編集
●11月26日発売 宝島社・宝島社新書
『カラー版 奇才絵師・伊藤若冲の謎』小林忠監修『カラー版 奇才絵師・伊藤若冲の謎』
●11月29日発売 文学通信
『日本の歴史を突き詰める: おおさかの歴史』地方史研究協議会編集『日本の歴史を突き詰める: おおさかの歴史』
●11月29日発売 サンマーク出版
『もしも彼女が関ヶ原を戦ったら』眞邊明人『もしも彼女が関ヶ原を戦ったら』
●11月30日発売 講談社
『ウソ!? ホント!? 謎解き徳川家康』楠木誠一郎
●11月30日発売 講談社・講談社ノベルス
『古事記異聞 陽昇る国、伊勢』高田崇史
●11月30日発売 新潮社
『エピポラエの丘』平田勝則

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2022年10月の新刊

文庫●2022年11月下旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2022年11月下旬の新刊(21日→月末) 2022年11月21日から11月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。 新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 ...
文庫●2022年11月中旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2022年11月中旬の新刊(11日→20日) 2022年11月11日から11月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張...
文庫●2022年11月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2022年11月上旬の新刊(1日→10日) 2022年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張って...