スポンサーリンク

単行本★2022年10月の新刊

単行本★時代小説新刊情報|2022年10月の新刊(1日→末日)

2022年10月1日から10月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

諸田玲子さんの『麻阿と豪』
戦国時代。加賀一帯を支配する大名・前田利家の娘であった麻阿と豪、その波乱の生涯を描く歴史長編。
麻阿は、柴田勝家の猶子に嫁ぐため、北ノ庄城にいたのだが、豊臣秀吉に攻められ、城から命からがら逃げ出します。そんな麻阿に待っていたのは、前田家のため、秀吉の妻になるという運命でした。
一方、妹の豪は、秀吉の養女として育てられた後、秀吉子飼いの大名・宇喜多秀家に嫁ぎます。
姉妹は、時に反目しながらも、助け合い、前田家生き残りのため、子供たちのため、様々な苦難を乗り越えていきます。

周防柳さんの『うきよの恋花 好色五人女別伝』
「八百屋お七」、「樽屋おせん」、「お夏清十郎」……。
江戸時代の人々の注目の的になった恋の事件の裏には、悲しい“まこと”と、優しい“ほら”があrました。
心中、駆け落ち、不義密通。江戸のスキャンダルをまとめた井原西鶴の代表作『好色五人女』を大胆に新解釈した、胸に刺さる悲恋時代小説。

伊東潤さんの『天下大乱』
歴史小説の大家である著者が、満を持して、天下の大乱、関ヶ原の戦いを描きます。
ついに徳川家康率いる東軍と毛利輝元を総大将とする西軍が関ヶ原で対峙することに……。最新史料を駆使し、家康と輝元、二人のの視点で描く戦国歴史巨編。

奥山景布子さんの『葵のしずく』
徳川慶勝、一橋茂栄、松平容保、松平定敬――徳川の傍流に生まれて幕末、維新に翻弄された悲運の高須松平家・四兄弟。
彼らの波瀾に満ちた幕末と明治を描いた『葵の残葉』は、新田次郎文学賞、本屋が選ぶ時代小説大賞をW受賞しました。
本書はその姉妹編です。高須松平家の四兄弟の近くにいて、激動の時代に「生きる選択」をした女性たちを描いた物語。

森明日香さんの『写楽女』
第14回角川春樹小説賞受賞作。
寛政六年の春。地本問屋の「耕書堂」に、女中として働くお駒は買い物に出ようとしたとき、店の中に入って行く一人の男を見かけます。その男は、写楽と名付けられた新しい絵師でした。
「耕書堂」の店頭に写楽の役者絵が並ぶと、江戸の町に衝撃が走りました。それは、今まで誰も見たことのない役者絵でした。賛否入り混じる評判の中、店主の蔦屋重三郎に呼ばれたお駒は、次の興行で出す写楽の絵を手伝ってほしいと言われ――。

月村了衛さんの『十三夜の焔』
天明四年五月の十三夜。将軍家外出時の警護や市中見廻りの御役目を負う先手弓組番方・幣原喬十郎は、湯島の路上で男女の惨殺体を発見します。傍らには匕首を手に涙を流す若い男。喬十郎は咄嗟に問い質すしますが、隙をつかれて取り逃がします。やがて、逃げた男は大盗「大呪の代之助」一味の千吉だと判明。悪事に立ち向かう喬十郎と、闇社会をうまく立ち回る千吉の。二十年以上にわたる因縁の対立関係を描く時代小説。

★2022/10/23追記
羽鳥好之さんの『尚、赫々たれ 立花宗茂残照』
寛永八年、かつて西国無双と呼ばれた立花宗茂は、三代将軍徳川家光から、神君家康はいかにして「関ケ原」を勝ち抜いたのかと、剣呑な諮問を受けました。
関ケ原の戦いの新たな解釈に挑む、日経小説大賞最終候補作を、大幅に改稿した、著者デビュー作。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●10月1日発売 文芸社
『応神天皇と仁徳天皇 倭の国から日本へ 9』阿上万寿子『応神天皇と仁徳天皇 倭の国から日本へ 9』
『誰も描けなかった本能寺の変』広瀬弘治『誰も描けなかった本能寺の変』
『浅麓の城塞 浅間山麓 小田井城攻防戦、真田誕生秘話』佐伯光太郎『浅麓の城塞 浅間山麓 小田井城攻防戦、真田誕生秘話』
『鄙の国』二宮アキト『鄙の国』
●10月4日発売 KADOKAWA
『奇跡のプリマ・ドンナ オペラ歌手・三浦環の「声」を求めて』大石みちこ『奇跡のプリマ・ドンナ オペラ歌手・三浦環の「声」を求めて』
●10月5日発売 PHP研究所
『麻阿と豪』
→記事:【ご恵贈】諸田玲子さん『麻阿と豪』
→記事:戦国の世を駆け抜けた、前田利家の二人の姫のバディ小説
諸田玲子『麻阿と豪』
●10月5日発売 集英社
『うきよの恋花 好色五人女別伝』周防柳『うきよの恋花 好色五人女別伝』
●10月6日発売 ABCアーク
『歴史人2022年11月号』歴史人編集部編『歴史人2022年11月号』
●10月6日発売 PHP研究所
『歴史街道2022年11月号(特集1太平洋戦争・ソロモンの海戦)』歴史街道編集部編『歴史街道2022年11月号(特集1太平洋戦争・ソロモンの海戦)』
●10月7日発売 幻冬舎
『維新京都 医学事始』山崎悠人『維新京都 医学事始』
●10月7日発売 朝日新聞出版
『天下大乱』伊東潤『天下大乱』
●10月7日発売 文藝春秋
『烏の緑羽』阿部智里『烏の緑羽』
『葵のしずく』
→記事:「2022年10月の新刊(単行本)」をアップ
奥山景布子『葵のしずく』
●10月7日発売 宝島社・宝島社新書
『古代史の定説を疑う』瀧音能之、水谷千秋監修『古代史の定説を疑う』
●10月7日発売 朝日新聞出版
『倭と伽耶 朝鮮海峡の考古学』東潮『倭と伽耶 朝鮮海峡の考古学』
●10月11日発売 ワニブックス・ワニブックスPLUS新書
『関ヶ原 島津退き口 – 義弘と家康―知られざる秘史』桐野作人『関ヶ原 島津退き口 - 義弘と家康―知られざる秘史』
●10月11日発売 静山社・静山社ペガサス文庫
『三国志 1 桃園の誓い』小前亮『三国志 1 桃園の誓い』
●10月11日発売 筑摩書房・ちくま新書
『教養としての能楽史』中村雅之『教養としての能楽史』
『思想史講義【明治篇I】』山口輝臣、福家崇洋編『思想史講義【明治篇I】』
●10月13日発売 祥伝社
『吉原と外』中島要『吉原と外』
●10月14日発売 角川春樹事務所
『写楽女』
→記事:【ご恵贈】森明日香さん『写楽女』
→記事:幻の絵師写楽に恋心を抱く女と、時代を越える浮世絵の物語
森明日香『写楽女』
●10月14日発売 小学館
『逆説の日本史: 明治終焉編 韓国併合と大逆事件の謎 (27)』井沢元彦『逆説の日本史: 明治終焉編 韓国併合と大逆事件の謎 (27)』
●10月14日発売 文藝春秋・文藝春秋企画出版
『持統、天武の妻』西脇隆『持統、天武の妻』
●10月14日発売 幻冬舎
『医学史の散歩道 江戸のお医者さん』笠原浩『医学史の散歩道 江戸のお医者さん』
●10月16日発売 平凡社・平凡社新書
『家康の正妻 築山殿: 悲劇の生涯をたどる』黒田基樹『家康の正妻 築山殿: 悲劇の生涯をたどる』
●10月19日発売 家の光協会
『春いちばん 賀川豊彦の妻 ハルのはるかな旅路』玉岡かおる『春いちばん 賀川豊彦の妻 ハルのはるかな旅路』
●10月19日発売 講談社
『京都四条 月岡サヨの板前茶屋』柏井壽『京都四条 月岡サヨの板前茶屋』
●10月19日発売 春陽堂書店
『安吾疾風伝』七北数人『安吾疾風伝』
●10月20日発売 TOブックス
『淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~十三』イスラーフィール『淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~十三』
●10月20日発売 双葉社
『鬼人幻燈抄 昭和編 花街夢灯籠』中西モトオ『鬼人幻燈抄 昭和編 花街夢灯籠』
●10月20日発売 中央公論新社・中公新書
『近代日本外交史-幕末の開国から太平洋戦争まで』佐々木雄一『近代日本外交史-幕末の開国から太平洋戦争まで』
『司馬遼太郎の時代-歴史と大衆教養主義』福間良明『司馬遼太郎の時代-歴史と大衆教養主義』
『徳川家康の決断-桶狭間から関ヶ原、大坂の陣まで10の選択』本多隆成『徳川家康の決断-桶狭間から関ヶ原、大坂の陣まで10の選択』
●10月20日発売 朝日新聞出版
『司馬遼太郎「坂の上の雲」の視点』小林修『司馬遼太郎「坂の上の雲」の視点』
●10月21日発売 講談社
『小説現代 2022年 11 月号』講談社編集『小説現代 2022年 11 月号』
●10月21日発売 文藝春秋
『オール讀物 2022年 11 月号(「小説家」になる!&秋の「読切」ミステリー祭)』オール讀物編集『オール讀物 2022年 11 月号(「小説家」になる!&秋の「読切」ミステリー祭)』
●10月21日発売 新潮社
『小説新潮 2022年11月号』小説新潮編集部編集『小説新潮 2022年11月号』
●10月21日発売 光文社
『小説宝石 2022年11月号』小説宝石編集『小説宝石 2022年11月号』
●10月21日発売 祥伝社
『小説NON 2022年 11 月号』『小説NON 2022年 11 月号』
●10月24日発売 文藝春秋・文藝春秋企画出版
『馬之介悠遊 久島宥三作品集』久島宥三『馬之介悠遊 久島宥三作品集』
●10月25日発売 早川書房
『尚、赫々たれ 立花宗茂残照』
→記事:【ご恵贈】羽鳥好之さん『尚、赫々たれ 立花宗茂残照』
→記事:関ケ原の戦いに新解釈。西国無双と呼ばれた男の老境を描く
羽鳥好之『尚、赫々たれ 立花宗茂残照』
●10月25日発売 KADOKAWA
『疫病の社会史』五味文彦『疫病の社会史』
●10月26日発売 講談社
『故郷へ、友へ、恩師へ、 風の便り 山田風太郎書簡集』山田風太郎著、 有本倶子編『故郷へ、友へ、恩師へ、 風の便り 山田風太郎書簡集』
●10月26日発売 集英社
『十三夜の焔』月村了衛『十三夜の焔』
●10月27日発売 河出書房新社・河出新書
『徳川家康という人』本郷和人『徳川家康という人』
●10月27日発売 幻冬舎
『小説幻冬 2022年 11月号』
●10月27日発売 新潮社・新潮選書
『武士とは何か』呉座勇一『武士とは何か』
●10月28日発売 幻冬舎
『邪馬臺国と神武天皇』牧尾一彦『邪馬臺国と神武天皇』
●10月31日発売 戎光祥出版・戎光祥選書ソレイユ
『阿部正弘 挙国体制で黒船来航に立ち向かった老中』後藤敦史『阿部正弘 挙国体制で黒船来航に立ち向かった老中』

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2022年9月の新刊(単行本)2022年11月の新刊 →

文庫●2022年10月下旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2022年10月下旬の新刊(21日→月末) 2022年10月21日から10月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。 新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 ...
文庫●2022年10月中旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2022年10月中旬の新刊(11日→20日) 2022年10月11日から10月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張...
文庫●2022年10月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2022年10月上旬の新刊(1日→10日) 2022年10月1日から10月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張って...