スポンサーリンク

文庫●2022年10月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2022年10月中旬の新刊(11日→20日)

2022年10月11日から10月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

双葉文庫
馳月基矢さんの『拙者、妹がおりまして(7)』
矢島与一郎は箱根で道場を開いている剣術仲間の招待を受けて、与一郎、師範代の龍治をはじめ、門下生の将太ら矢島道場の面々、さらに勇実や千紘、菊香までもが加わって、箱根路へ。お参りや温泉も楽しむ物見遊山の旅のはずが。一転、てんやわんやの大騒動に。

時代小説文庫
井原忠政さんの『人撃ち稼業』
時は天保十二年。丹沢で熊獲り名人と呼ばれている玄蔵は、女房とふたりの子どもと共に幸せに暮らしていました。ところが、御公儀徒目付の多羅尾と名乗る武士が突然玄蔵の元にやって来て、「お前、江戸に出て武家奉公をしてみないか」と言いました。
家族を脅され、玄蔵は、泣く泣く多羅尾と共に江戸へ……。
「三河雑兵心得」の作者の書き下ろし時代小説、新シリーズ。

汀こるものさんの『煮売屋なびきの謎解き仕度』
なびきは幼い頃に親兄弟とはぐれ、神田に煮売屋を営む久蔵に引き取られました。
養親の久蔵が富士のお山でのご来光を拝むために旅立ち、十四歳のなびきが間口二間で二階建ての店を任されます。
料理の腕で店の切り盛りは何とかなるものの、なびきを悩ませるのは、店に持ち込まれるお客たちの事件や謎でした。
美味しい料理と事件の謎が彩る、江戸前ミステリーの誕生。

今村翔吾さんの『風待ちの四傑 くらまし屋稼業』
は、2022年11月2日発売予定に変更になりました。

講談社文庫
和久井清水さんの『かなりあ堂迷鳥草子』
赤ん坊の幽霊が出る噂の真相、盗まれた八百屋の売り上げの行方、婚約者の父が犯した重罪の理由……、
小さな飼鳥屋「かなりあ堂」の周囲で起きる「謎」の数々を、兄想いでお転婆な十六歳、お遥が解き明かしていきます。
江戸の「鳥」たちが謎をよぶ時代ミステリー。

柏井壽さんの『京都四条 月岡サヨの小鍋茶屋』
幕末の京都、古寺『清壽庵』の境内にある「小鍋茶屋」は、月岡サヨがひとりで切り盛りする料理店です。昼は行列必至のおにぎり屋として繁盛し、夜は一日一組限定の鍋料理で口の肥えた客を満足させていました。
不穏な情勢のもと、逸品料理で心の安らぎを得た名だたる志士らがサヨに語る思いとは。ドラマ化『鴨川食堂』の人気作家、初めての幕末時代小説です。

泉ゆたかさんの『お江戸けもの医 毛玉堂』
谷中感応寺の境内に居を構える「毛玉堂」は、けもの専門の養生所です。腕は確かだが不愛想な医者の凌雲と、しっかりもので動物好きなお美津を頼りに、今日も問題を抱えた動物たちがやってきます。治療を通して浮かびあがる、人と動物の温かな絆は、悩める飼い主たちの心も癒していき……。

集英社文庫
安部龍太郎さんの『蝦夷太平記 十三の海鳴り』
鎌倉末期。蝦夷管領、安藤又太郎季長の三男・新九郎は、出羽の叛乱を鎮圧せよと命じられました。出陣を前に、叛乱の調査をした新九郎は、首謀者が叔父の安藤五郎季久であることを突き止めました。
天皇方の父季長と幕府方を標榜する叔父季久。二人の間で揺れる新九郎だったが、やがて大きな時代の流れは押し寄せ、北朝と南朝に分かれて争いを続ける都と連動する形で、東北にも大規模な戦の影が迫まります。
鎌倉時代から南北朝時代にかけてを描く本格歴史小説。

澤田瞳子さんの『吼えろ道真 大宰府の詩』
京から大宰府に左遷されたが、書画骨董の目利きを愉しむようになった道真。朝廷への献上品が贋作と知り……。『泣くな道真』に続く、ユーモラスな歴史小説「大宰府の詩」シリーズ第2作。

吉川永青さんの『家康が最も恐れた男たち』
2023年大河ドラマ「どうする家康」の主人公・徳川家康。彼は臆病者だから天下を取れた!? 新たな切り口で実像に迫る連作短編。戦国小説の名手が放つ、家康小説の決定版です。

小島環さんの『泣き娘』
中国唐代を舞台に、女装姿で人の死を悼む哭女(泣き娘)を務める少年・燕飛の苦悩と成長、そして貴族の青年・青蘭との友情を描く、歴史青春ミステリーです。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●10月12日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『あかね淫法帖 姫様お目見得』睦月影郎『あかね淫法帖 姫様お目見得』
『ぶらり平蔵 決定版【11】心機奔る』吉岡道夫『ぶらり平蔵 決定版【11】心機奔る』
『江戸っ子出世侍 将軍御側衆』早瀬詠一郎『江戸っ子出世侍 将軍御側衆』
『相棒は副将軍 鎌倉謀殺』早見俊『相棒は副将軍 鎌倉謀殺』
『乱愛一刀流 艶殺 三万両伝奇』鳴海丈『乱愛一刀流 艶殺 三万両伝奇』
●10月12日発売 光文社・光文社文庫
『布石 吉原裏同心(13) 決定版』佐伯泰英『布石 吉原裏同心(13) 決定版』
『決着 吉原裏同心(14)』佐伯泰英『決着 吉原裏同心(14)』
『一人二役 吉原裏同心(38)』佐伯泰英『一人二役 吉原裏同心(38)』
『北辰群盗録』佐々木譲『北辰群盗録』
『緋の孔雀 決定版 牙小次郎無頼剣(五)』和久田正明『緋の孔雀 決定版 牙小次郎無頼剣(五)』
『門前町大変 新・木戸番影始末(四)』喜安幸夫『門前町大変 新・木戸番影始末(四)』
●10月13日発売 講談社・講談社学術文庫
『室町社会の騒擾と秩序 [増補版]』清水克行『室町社会の騒擾と秩序 [増補版]』
●10月13日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『ひたむきに 風烈廻り与力・青柳剣一郎』小杉健治『ひたむきに 風烈廻り与力・青柳剣一郎』
『天華の剣(上) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』門田泰明『天華の剣(上) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』
『天華の剣(下) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』門田泰明『天華の剣(下) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』
●10月13日発売 双葉社・双葉文庫
『新・知らぬが半兵衛手控帖(17)-律義者』藤井邦夫『新・知らぬが半兵衛手控帖(17)-律義者』
『拙者、妹がおりまして(7)』
→記事:お宝を巡る大捕物!「拙妹」ファミリーは、箱根温泉旅行へ
馳月基矢『拙者、妹がおりまして(7)』
『浪人若さま 新見左近 決定版 【八】-風の太刀』佐々木裕一『浪人若さま 新見左近 決定版 【八】-風の太刀』
●10月14日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『(新装版)妖国の剣士』知野みさき『(新装版)妖国の剣士』
●10月14日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『人撃ち稼業』井原忠政『人撃ち稼業』
『煮売屋なびきの謎解き仕度』
→記事:「2022年10月中旬の新刊(文庫)」をアップ
汀こるもの『煮売屋なびきの謎解き仕度』
●10月14日発売 講談社・講談社文庫
『妖怪犯科帳 あやかし長屋 2』神楽坂淳『妖怪犯科帳 あやかし長屋 2』
『かなりあ堂迷鳥草子』和久井清水『かなりあ堂迷鳥草子』
『京都四条 月岡サヨの小鍋茶屋』柏井壽『京都四条 月岡サヨの小鍋茶屋』
『お江戸けもの医 毛玉堂』泉ゆたか『お江戸けもの医 毛玉堂』
●10月18日発売 山川出版社
『2023年 山川歴史手帳』『2023年 山川歴史手帳』
●10月19日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵2022.11』
→記事:『文蔵2022.11』特集は、図書館、博物館小説で文化を味わう
「文蔵」編集部『文蔵2022.11』
●10月19日発売 春陽堂書店・春陽文庫
『仇討ち物語』池波正太郎『仇討ち物語』
●10月19日発売 吉川弘文館
『歴史手帳 (2023年版)』吉川弘文館編集部『歴史手帳 (2023年版)』
●10月20日発売 集英社・集英社文庫
『蝦夷太平記 十三の海鳴り』安部龍太郎『蝦夷太平記 十三の海鳴り』
『吼えろ道真 大宰府の詩』澤田瞳子『吼えろ道真 大宰府の詩』
『家康が最も恐れた男たち』
→記事:【ご恵贈】吉川永青さん『家康が最も恐れた男たち』
→記事:天下人にした原動力、徳川家康が恐れて学んだ八人の男たち
吉川永青『家康が最も恐れた男たち』
『泣き娘』小島環『泣き娘』
『朱華姫の御召人 下 かくて恋しき、花咲ける巫女』白川紺子『朱華姫の御召人 下 かくて恋しき、花咲ける巫女』

↑ 新刊情報Topへ← 2022年10月の新刊 上(1日→10日)2022年10月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2022年10月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2022年10月の新刊(1日→末日) 2022年10月1日から10月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ペ...