小説野性時代新人賞受賞作!元女形魚之助、芝居小屋で鬼探し

『化け者心中』|蝉谷めぐ実|KADOKAWA

化け者心中2020年の「第11回小説野性時代新人賞」受賞作、蝉谷めぐ実さんの、『化け者心中』(KADOKAWA)を入手しました。

本書は、文政のころの江戸歌舞伎の世界に題材をとった長編時代小説です。

著者は、1992年大阪府生まれで、早稲田大学文学部演劇映像コースを専攻し卒業し、現在は大学職員で、本書で作家デビュー。卒論のテーマは、文化文政期の歌舞伎だそう。

時は文政、所は江戸。当代一の人気を誇る中村座の座元から、鬼探しの依頼を受け、心優しい鳥屋の藤九郎は、かつて一世を風靡した稀代の女形・魚之助とともに真相解明に乗り出す。しかし芸に心血を注ぐ“傾奇者”たちの凄まじい執念を目の当たりにするうち、藤九郎は、人と鬼を隔てるもの、さらには足を失い失意の底で生きる魚之助の業に深く思いを致すことになり……。
善悪、愛憎、男女、美醜、虚実、今昔――すべての境を溶かしこんだ狂おしくも愛おしい異形たちの相克。

(『化け者心中』表紙カバー帯の紹介文より)

大坂生まれの元女形の田村魚之助(ととのすけ)は、江戸で当代一の女形として活躍しながら、三年前に客に足を切られて檜舞台を退いていました。
芝居町からほど近い通油町で鳥屋「百千鳥」の藤九郎(ふじくろう)は、鳥の世話が大好きで心優しい青年ながら芝居に無関心で、男女のことにも奥手で好きな娘の口吸いもできないほどでした。

さて、ある日、足の不自由な魚之助は介助をする藤九郎とともに、中村座座元の中村勘三郎から呼び出され、勘三郎の家に行きました。

 チョン。
 藤九郎は振り返るが、そこには誰も立ってはいない。
 空耳だろうか。
 顔を戻すと、勘三郎はじいっとこちらを見つめていた。肋の間に指を入れ、ほじくるようなその視線。肉厚の膝が躙って畳を擦るその音に、藤九郎は背筋を何かが走り抜けるのを感じた。
「ええ、ええ。おふた方。この芝居小屋には鬼が棲んでいるのでございます」

(『化け者心中』P.48より)

魚之助と藤九郎の二人は、お上のお調べが入ったら幕は絶対に開けられなくなるという、勘三郎から芝居小屋に現れた鬼の正体を突き止めてほしいと懇願されました。

魚之助は藤九郎をバディ(相棒)に、鬼が成り代わっているかもしれない役者たちの話を聞き始めていきます……。

芸の道にしのぎを削り、歌舞伎に心血を注ぐ役者たち。
足を失い失意の底にいながら、檜舞台を忘れられない魚之助。
そして、藤九郎は?

「あんた今、わっちの由様を馬鹿にしたね。謝ったって容赦しねえ!」
 片手が袖をたくし上げると肩に引っ掛けている長羽織が揺れて、裏地の髑髏が見え隠れする。怒るとお吉は、女だてらに徒党を組んで町を練り歩く莫連の地金が透けて出るのだ。
「でもぉ、おみよちゃんのそのお着物だって淡藤色の花格子柄、由之丞格子に見えるんだけど」
 葉を剥き出しあう二人の横で、手鞠娘、お蔦はおっとりとした口をきいた。爪紅の塗られた両手でおみよの袂を持ち上げると、さわさわと手のひらを這わせて生地を確かめている。

(『化け者心中』P.16より)

歌舞伎役者を贔屓にして追っかけをする、若い三人の娘の会話ですが、服飾や化粧といった江戸の風俗や流行が会話に自然に織り込まれていて、物語の世界にすっと入り込めました。

松井今朝子さんの『仲蔵狂乱』や田牧大和さんの『花合せ 濱次お役者双六』というように、江戸歌舞伎を描いて時代小説デビューをされて、現在も活躍されている作家がいます。

江戸の時代考証に加えて、歌舞伎の知識も必要となる、難しい題材を楽々とクリアしたことは、その後の創作活動につながっているのかもしれません。

『化け者心中』の刊行を記念して、2020年12月12日(土)13:00より、蝉谷めぐ実さんと本書装画を担当された漫画家の紗久楽さわさんのスペシャル対談(有料)が行われます。
募集受付終了
紗久楽さんは、江戸BL漫画『百と卍』(祥伝社)で注目される、時代描写に定評のある漫画家。

【特典B:サイン本・クリアファイルつき】小説 野性時代 新人賞受賞作 蝉谷めぐ実『化け者心中』刊行記念×紗久楽さわ(『百と卍』シリーズ『かぶき伊左』)スペシャル対談 | ケツジツ powered by カドカワストア
大人気漫画家と新進作家の江戸トーク|ケツジツ powered by カドカワストア| プロジェクトを始める | KADOKAWAが運営する完全受注生産型プロジェクト

江戸の歌舞伎に精通した、気鋭のお二人の話を聞いてみたいし、クリアファイルもほしいなあと思いました。

タイトルが「化け物」ではなく、「化け者」としているところがくせ者(なかなかいい)です。

化け者心中

蝉谷めぐ実
KADOKAWA
2020年10月30日初版発行

装画:紗久楽さわ
装丁:須田杏菜

●目次
なし

本文285ページ

第11回「小説野性時代新人賞」受賞作として選出された作品を改稿し、「小説野性時代」2020年8月号に一挙掲載し、さらに書籍化にあたりさらに加筆修正したもの。

■Amazon.co.jp
『化け者心中』(蝉谷めぐ実・KADOKAWA)
『百と卍』(紗久楽さわ・祥伝社)
『仲蔵狂乱』Kindle版(松井今朝子・講談社文庫)
『花合せ 濱次お役者双六』(田牧大和・講談社文庫)

蝉谷めぐ実|時代小説ガイド
蝉谷めぐ実|せみたにめぐみ|時代小説・作家 1992年、大阪府生まれ。早稲田大学文学部演劇映像コース専攻卒業。 2020年、『化け者心中』で第11回小説野性時代新人賞を受賞し、作家デビュー。 ■時代小説SHOW 投稿記事 ...